「IT」カテゴリーアーカイブ

便利なiPod

高音質なMP3プレイヤーも所有しておりますが、やはり便利なのはiPod(NANO)。家事をしながら聴くのに邪魔になりませんし、防水スピーカーに組み込めば、風呂場でも聴けます。しかも充電+コンテンツの更新はパソコンにつなぐだけでOKですし。多少音質が悪くても利便性が良いので利用時間は高音質なMP3プレイヤーよりも長いです。便利なガジェットであります。

便利な携帯電話捜索サービス

DoCoMoのGPSケータイには、紛失したときにその携帯電話がどこにあるのかについてパソコンから捜索できるサービスがあります。方法は、mydocomoのページからログインし、自分の携帯電話の場所を探すというもの。早速、実際にできるかどうか試してみました。その結果、数分で大体の場所がパソコンの地図に現れました。いやぁ、これは便利です。落とした場所の当たりをつけることができ、実に安心です。ハイテクな世の中になりました。

AUのデータ定額通信に魅力引力…

パソコンに接続するデータ通信カードで最近定額モノが続出してきました。以前からPHSであったWillcom以外に、DoCoMo、AU、E-Mobileが新顔として登場してきました。Willcomの定額データ通信は以前利用していましたが、あまり速度が速くなかったので止めました。が、新顔は3Gのデータ通信でかなり速そう。というわけで、新顔3社について調査してみました。その結果、DoCoMoはエリアで最も広そうなのですが、残念ながら利用可能な通信プロトコルに制限がある模様。Yahooメッセンジャーなどは利用できないとのことで、購入対象から除外です。また、当方は奈良在住なので、利用可能エリア外のE-Mobileも除外。となると消去法で残るのはAUのデータ定額通信サービスです。

残り福とでも言うのでしょうか、実はAUのサービスが最も魅力的であることがわかりました。当方は@niftyの無制限定額サービスをすでに利用しておりますので、@niftyのサイトに説明があるように、AU用のプロバイダを新たに利用しなくてもかまいません。よって、月額の利用費用が若干安くなります。また、パソコン以外にSHARPのLINUXザウルスでもAUのデータ定額通信カードが利用可能であるとの情報がこちらのサイトで紹介されておりました。こうなってくると、パソコンを持ち歩いていないけれどもザウルスは持ち歩いている、といった場合にも利用機会が増えます(例えば平日の会社出勤時点など)。これはとても魅力的であります。

ただし、問題点が1点。それは費用です。月額6,000円近くかかります。これで元が取れるのか。それが問題です。月6,000円を超えるメリットは一体どこにあるか?メールだけならばケータイで充分用が足ります。Webブラウズですが、これもケータイのフルブラウザである程度はOKです。となると、あとはなんでしょうか?突然ブログの更新を外出先でやりたくなった場合くらいでしょうか。うーむ。考えてしまいます。

個人用ホームページによるPIM

自分のためだけのホームページをPukiWikiを用いて作りました。目的はPIM(Personal Information Management)です。ToDoリストやスケジュール、メモなどを今まではPDA(例えば、HP200LX、Jornada、ザウルスなど)を用いてやってきました。が、最近は、屋外ではケータイ、屋内ではパソコンという棲み分けができてしまい、PDAが活躍する場面がめっきり減ってしまいました。とはいえやはりPIMはやりたい。となるとこれをなにを用いて実現するか、と考えていくうちに、自分のためだけのPDA環境をネット上のサーバ側で管理するようにすればよいと思いつきました。

メリットは、特定の機械でPIMを扱うわけでなく、さまざまなネット接続可能な機械(ケータイ、PDA、パソコン)で利用可能であることです。データはサーバ上で一元管理されるので、シンクロする必要すらありません。開設したホームページにパソコンや各種ケータイでアクセスしてみましたが、全く問題なくアクセスできました。

逆にデメリットはセキュリティ面の問題です。URLやアクセス方法が外部に漏れてしまうと、プライベートなデータが世の中に流出してしまう危険があることです。