自転車のリアブレーキ調整

自転車のリアブレーキの効きが悪くなっていたので、観察してみました。すると、なんとブレーキシューの締め込み具合がゆるくなっていました。ブレーキをかけても完全にホイールをつかもうとしていないではありませんか。そこで試行錯誤し調整した結果、実にカチッとブレーキがかかるようになりました。というわけで、ちょっとしたメンテナンスで快適な自転車ライフに戻ることができました。めでたしめでたし。

ケーキバイキング

とあるところにあるケーキバイキングにいきました。いくら食べてもよいといわれると、かえって食べられないものです。言って見れば、インターネットの定額料金と同じようなもので、いつでも使えると思えば使わない状態となります。ハングリー精神というやつが欠如してしまうようで。

ブレーキの効きが悪くなり

今日も自転車通勤しました。が、やや自転車が不調です。具体的には、後輪のブレーキの効きが悪くなりました。今までなら「ここで停止」というところをややオーバーランしてしまうようになりました。購入してから10ヶ月。そろそろ各所がくたびれてきました。オーバーホールが必要になりつつあります。

雨中自転車通勤

本日は雨が降るとわかっていたにもかかわらず、敢えて自転車通勤しました。その理由は、明日確実にバイク通勤しなければならないためでした。案の定、天気予報通り雨が降り、その中で自転車を漕ぎました。走った後は、太ももより下の方が冷えているような、動いているので熱いような変な感覚であります。水気のある環境では、あまり自転車によろしくないのですが、最近はやや無頓着になりつつあります。まあ道具は使ってナンボですので、やむをえないかも。

留守番電話の使い方

セールス電話の撃退に利用します。我が家では、自宅に居る場合でも、基本的に留守番電話を設定しています。そして「ただ今、留守にしています。ピーっとなったらご用件をお話ください。」というアナウンスを電話機が流した後、電話をかけてきてくださった方の声を確かめてから出るようにしています。この方式では、電話をかけた人がセールスマンの場合、大抵最初のアナウンスくらいであきらめるようです。一方、本当に当方に用件のある人であれば、なんらかのご用件を吹き込もうとしてくれます。よって、すかさずそこで電話にでれば無用なセールスマンの電話に時間を奪われること無く、快適です。

我が家に電話をかけられる方は、留守番電話のアナウンスが鳴った後、一言お話ください。不在でなければ、即座にお話いたしますので。

髭剃りは電動か、それとも、カミソリか

いつも愛用していた電動シェイバーが故障しました。充電できなくなったのです。本来、ACコードを直接本体につないでも利用できるはず、と思っていたのですが、残念ながら内蔵充電池が充電されていないと作動しないようになっている模様。本体が2万円を超える高級機だったので、早速、家電専門修理店へ入院です。こちらは何も故障していなくてもとりあえずは2千円を取られます。まあ、明らかに故障していたので、入院させました。

さて困りました。ヒゲは毎日伸びます。不幸にもバックアップ機、代替機が我が家にはありません。というわけで、応急処置として、コンビニにて700円のカミソリを購入しました。なぜかシェイビングクリームは豊富に自宅にストックがあるので、ここ数日はこれを愛用しています。が、カミソリの問題は、顔を湯などでふやかしてからクリームを塗布し、それからでないと快適に剃れない事です。朝の慌しい時間帯にそんな悠長なことはできません。というわけで、夜に風呂に入るときにカミソリでヒゲをそることになります。まあ通常の生活では、なんとかなります。しかしながら、当方のヒゲ成長スピードは結構速いらしく、夜に剃ると、それからほぼ24時間近くすぎた頃、すなわち、会社で残業なんかをしているとそのあたりには結構無精ヒゲっぽく頬や顎がざらついてきます。というわけで、やはり電動シェイバーも欲しいのですが、入院中のシェイバーは2、3週間は退院できません。そこで、先日電気屋で電動シェイバーのバックアップ機を購入しました。その値段はなんと2000円也。単三電池2本で動作する超シンプル機であります。とはいえ、一応、Nationalブランドが冠された、”ブランド物”であります。しかも水洗いができるという素晴らしさ。もちろん、高級機に比べて、振動が大きい、剃り味が大雑把、といったデメリットもありますが、なにしろコストが低いという魅力があります。しばらくこいつを愛用しようと思っています。

Updates everyday, maybe…