職場のパソコンモニタは巨大なり

昨日に引き続き、職場のパソコン話題シリーズ第2弾です。今日はパソコンに接続する外部モニタとして、20インチの液晶モニタをゲットしました。これはきわめて巨大です。よく考えてみると、自宅のリビングにある液晶テレビと同じサイズであります。これほど大きいモニタがあり、しかもノートパソコン側にも内蔵の液晶モニタがありますので、とても作業がしやすいです。うーむ、自宅のパソコンにも外部モニタとして20インチの液晶モニタを買おうかしらん。

職場のパソコンがリニューアル

職場で当方が専用で利用するパソコンがリニューアルされました。ちまたではWindows Vistaがそろそろ標準となりそうですが、今回のパソコンはXP。おそらくXPで新規に導入するのはこれが最後になるかもしれません。今まで動作しているソフトがそのままで動作する安心感があり、うれしいです。

未だあまりソフトがインストールされていないので、とても快適に動作します。さていつまでこの快適な状態が継続することやら。

久しぶりの帝塚山学園

当方(@奈良)の住まいの近所に帝塚山学園という学校があります。ひょんなことから本日行く用事があり、久しぶりに行ってきました。当方が中学生の頃、体育会系のクラブの練習試合に一度行ったことがあり、それ以来ですので、なんと約30年ぶりということになります。当時の記憶はほとんど定かではないのですが、現在の校舎は完全に別物の印象です。とても奇麗で素晴らしい校舎でしたが、あまりにも清潔感あふれまくりでなんだか浮世離れた感じでした。近所にこんなところがあると知らず、驚きました。

保育園の運動会

保育園に通う長女の運動会がありました。これで保育園としては最後の運動会です。長男(中学1年生)が赤ん坊(1才)の頃から保育園に我が子たちが通い続けており、通算12年間お世話になりました。今回の運動会が保育園としては最後です。長女は保育園の中では最高学年で、各種演技も見事にこなしてくれました。ついこの間、赤ちゃんだったと思っていましたが、肉体的にも精神的にも健やかに育ってくれて本当に有り難いです。いろいろな人に支えられていることを身にしみる今日この頃です。

カラオケのレパートリー

ナツメロばかり歌ってしまいます。最近の歌は、「聴くのには向いているが歌うのには不適当(当方の歌唱力では困難)な歌」が多いです。例えば、カノンやら夏川りみやら…。てなわけで、「カラオケで歌える最近の歌」のレパートリーをしこんでおかねばならないと思う昨今です。l

快適すぎる自転車…

やはり快適です、自転車は。天気予報によると今日は一日中秋晴れが約束されていましたので、迷わず自転車通勤です。田んぼのあぜ道を愛用していますが、稲穂はそろそろ重たくなり、稲刈りがすんでいる田んぼも。秋を満喫しつつ快走するととても気分が良いです。今、最高に自転車ツーリングに適した季節です。

ゲルマニウムラジオ製作記

次男(小学5年生)と行った日本橋で購入したゲルマニウムラジオの工作キットを早速組み立ててみました。普段は使わぬ半田ごてを引っ張りだし、半田付け開始です。我が家の子供たちは初めて見る光景のようで興味津々です。部品点数が極端に少ないのであっという間に完成。アンテナ線を3mほど接続し、いざ動作テストです。クリスタルイヤホンから流れる音を聞きます、が、聞こえません。アンテナを家の窓から屋外へ向けて垂らし聞いてみますが、かすかにNHK第二放送が聞こえるような聞こえないような…。いまいちアンテナが短めでよろしくないようです。てなわけで今ひとつ満足のいかぬ結果となりました。アンテナを強化する必要がありそうです。
って、完全に親父が楽しんでおります。

日本橋よ、頑張れ!

次男(小学5年生)が小学校の工作でモーターが必要だということで大阪の電気街・日本橋に行ってきました。平日の昼間だったので電気街はガラガラ。時折シャッターが下ろされたままの店や、以前店だったのにマンションに早変わりしている場所など、当方が子供の頃、父と一緒に行った”楽しい電気専門店街”のイメージは最早ありませんでした。
それでも昔から行きつけの部品屋さん「シリコンハウス共立」は健在。早速マブチモーターやら電池フォルダやら各種電子工作小物類を買いあさりました。また当方がの頃にのめりこんだラジオ工作関連のグッズも販売されており、思わず「ゲルマニウムラジオキット」を衝動買いしてしまいました。電子部品屋さんは同店以外に裏通りに1件新たな店が出ており、そちらもハシゴしました。当方が行きたいと思う店は少なくともこの2件はあり、なんとか存続してもらいたいと思います。頑張れ、日本橋!

Mac用のテキストエディタ

MacBookでプログラミングをしようと環境整備にとりかかりました。今までWebブラウザ上で直接文章を打ち込んでいましたが、プログラミングするにはいつも慣れ親しんでいるテキストエディタが欲しくなりました。当方はVi系のテキストエディタが好みなのでネットを探していると、ありました。Mac用のVim(”MacVim”)というのがあり、それを頂戴しました。いやはや、またもやMacが便利になりました。

祖父27回忌

当方の祖父の27回忌がありました。母の父で、当方が幼い頃、いろいろとお世話になっていた人でした。この人がおられたおかげで現在の母があり、そして当方がこの世に生を受けたかと思うと、なにか運命的なものを感じます。数々の偶然が重なり、現在の自分があると思えば、命を大切にせねばという気になります。法事は自分の原点を思い出させてくれる貴重な機会であります。