「IT」カテゴリーアーカイブ

長男、ケータイ月額約500円運用開始

ついに長男(大学1回生)にケータイを持たせました。遊休資産となっていた当方の白ROM iPhone 4SにSIM Adaptor(いわゆる”SIMゲタ”)をはかせてSIM Free化し、DTI(Serversman)でデータ通信ができるようにしました。次に通話系アプリとしては、IP Phoneの”SMARTALK”をインストール。初期費用・月額基本料がタダなのにもかかわらず、ちゃんと050で始まる電話番号を貰えるため、ケータイという体裁も保てます。
早速、通話テストを実施しました。当方がiPhone 5Sで4G(LTE)、長男が3Gで話してみた所、一昔前のPDCレベルに近い音質ですが、なんとか聞こえる、というレベル。
次に、当方がWiFi、長男が3Gというシチュエーションで試してみた所、若干、マシになりました。
最後に、両方がWiFiの下というシチュエーション。問題なくクリアな音質で話せました。もっともLINEでも同様のことができるので、050番号を使う運用は、あくまでも非常用という位置づけではありますが…。
安価なiPhone4Sの白ROMを使えば、とても安価にスマホを持った運用ができそうです。実際のフィールドテストでしばし試してみたいと思います。

東京宿泊出張

久しぶりに東京への宿泊出張がありました。現地へ到着直後、同行した同僚が体調不良となり、夜は宿泊先最寄りの居酒屋で簡単に済ませ、宿泊先のホテルに早々と滞在。WiFiが使える場所で快適に仕事ができました。

[JB] iPhoneの電話通話を録音するアプリ

iPhoneのアプリ(ただし要・JB)で便利なものを見つけました。その名は「Audio Recorder」。なんと電話の音声を送話、受話の両方を録音してくれるのです。しかも手動以外に自動モードもあり、何も考えなくても電話での音声をすべて記録することができます。さらに、その録音した音声はメールなどで外部に送ることも簡単。デフォルトでは録音開始時に警告音声がロボットボイスで発音されますが、それを無効化するツールも有り。これで電話で「言った、言わない」といったトラブルは無くなりそうであります。
上記詳細については、こちらのサイトの分かり易い記事から知りました。

Serversman SIM LiteでiPhone 4SをDoCoMoネットワークにて運用開始

我が家にSIM無しのiPhone 4Sが有り、これまで自宅のWiFi下にて赤外線リモコンとして利用しておりました。長男がこの4月から大学生になり、ケータイが欲しいなどとのたまうものですから、遊休資産であるiPhone 4Sを活用する方向で情報を模索していたところ、ありました。その解が。
それは、「iPhone 4SにMVNOのSIMで運用する」という方法であります。この方法の前提としては、iPhone 4SはSIMフリー端末でなければなりません。しかしながら、先のiPhone 4Sは以前ソフトバンクで運用しており、SIMロック(そのキャリアのSIMでしかネットワークが利用できない機能制限)がかかっております。が、世の中にはそれを回避するソリューションも有りました。それは、「SIM Adaptor」(通称”ゲタ”)であります。これをSIMカードと携帯端末(iPhone 4S)との間に装着することによって、なんとiPhone 4SがSIM free端末に早変わりする、という代物です。
てなわけで、早速、我が家のiPhone 4Sにそれらを装着してみました。
140321 ServersMan SIM LTE/ Unlock for iPhone4S for SoftBank

まずは、どうやってゲタとSIMを装着したらよいのか。これは、こちらのサイトの紹介記事の前半部分(SIMにゲタを履かせてiPhoneへ装着する箇所)を参考にさせていただきました。写真付きでの解説でしたので、とても分かり易かったです。迷いも無く「DOCOMO」の表示が出る所まで無事通過しました。
次にやるべきことは、APNプロファイルの情報設定です。これについては、こちらのサイトの記事を参考にさせていただきました。ServersMan SIMのAPNプロファイルをダウンロードするリンクを付けて頂いていたので、同ページ自体をiPhone 4Sでアクセスし、いきなりプロファイル情報をダウンロードしておしまいです。
これにてデータ通信については、DOCOMOのネットワークにてiPhone 4Sで利用することができるようになりました。
早速、SkypeやFacebookなどについて試してみましたが、チャットなどテキストレベルであれば充分なスピードでありました。Skypeの音声通話については、いずれか一方がWiFiであれば、通常の3Gでの電話と同等程度の品質で会話ができました。一方、非WiFi同士である場合には、Skype音声通話は不可。その場合にはテキストレベルの手段(Skype Messenger, Facebook Messengerなど)で対応せざるをえません。
とはいえ、ServersMan SIM LTEの魅力は、なんといってもその安さ。データ通信だけであれば、月額500円程度でおしまいであります。今回は、長男が電話機としても利用したいとのことでしたので、「ServersMan 050」なるIP電話サービスオプション、および、SMSオプションを追加してしまったため、月額約1,000円になりましたが、それでもソフトバンクのデータ定額サービスでの電話としての運用約7,000円超と比較し、雲泥の差であります。(なお、IP電話オプションはiPhone用のアプリが現状では未だリリースされていないため、iPhoneでの「ServersMan 050」は利用できません。)
自分自身も普段WiFiの環境下で過ごす生活パターンですので、「ServersMan 050」がAppStoreにリリースされて、使い勝手が妥当なレベルであれば、ソフトバンクを解約し、こちらのServersManに乗り換えようかと思い始めている今日この頃であります。

神戸・大阪市内に社用車にて出張

会社の出張で奈良県→大阪市内→神戸→大阪市内→奈良県と160kmの工程を走る仕事がありました。車は社用車(HONDA Fitハイブリッド)です。ほとんどが高速道路でありましたが、途中、渋滞が何カ所かありました。特に、後半の神戸→大阪市内のところでは、事故渋滞が発生。ピタリと動きがなくなりかけておりましたため、急遽、下道に脱出。装着されているナビゲーションシステムに従って目的地に行った所、高速道路での到着予想よりも1時間以上も早く到着することができました。ナビゲーションシステムには渋滞情報もリアルタイムに反映されるため、到着予想時刻についても見積もり時刻が表示されます。今回は非常に役立ちました。有り難たや、ナビゲーションシステム。

新しい職場のパソコン

職場で使う新しいパソコンがやってきました。Windows 8マシンです。自宅で使うMacの方が個人的には使いやすく、仕事でも使いたいと思うのですが、贅沢は言えません。
とはいえ新しいパソコンには何かワクワクするものがあります。これから各種ソフトをセットアップしていきますが、この過程が楽しみ。自分好みになじんで行くところがなんともいえず楽しいのであります。

長男の大学合格祝い

近所のフランス料理店にて長男の大学合格祝い会を開催いたしました。こんな近所にこんな店があるとは知りませんでした。たまには良いものであります。
またFacebookの利用を後押し。連絡手段のインフラ整備をアシストいたしました。

[IFTTT] 特定の場所の滞在ログ(Location→Google Drive, Evernote)

IFTTTには位置情報をトリガーとすることができます。すなわち、手持ちのスマホに常駐するIFTTTアプリを入れておけば、常時その位置情報をモニタリングし、所定の場所に入ったか、出たか、ということを記録することができます。試しに当方が勤務する会社付近の地域に入る(=出社する)、出る(=出社する)をGoogle Driveに記録するようにしてみました。今の所、面白いように記録出来ています。これで勤怠管理に役立ちそうです。
一方、デメリットもあります。位置情報を常にモニタリングするためには、スマホの電池を喰らいます。一日に数回充電器のお世話になることがしばしば。ラクをするためには電気が必要であります。

[IFTTT] 自動で”帰るメール”

IFTTTのトリガ(動作条件)に”位置情報”が使えます。スマホにIFTTTアプリをバックグラウンドで動作させておけば、位置情報が常時watchされ、指定した場所に入ったり、出たりするとトリガがON。それに応じたWebサービスとの連携動作ができるようになります。
すぐに思いつくレシピが”帰るメール”であります。すなわち、会社からの帰宅時、これまでは「今から帰宅します」といったメールを家族に送っておりましたが、IFTTTを使えば、これを自動化することができるわけです。
とりあえずレシピは作成してみました。よく考えてみると誤動作するリスクもあるため、実稼働はしておりませんが、実際に動作テストしてみたところOK。位置情報とからめた各種自動化に強力な武器になりそうです。

[IFTTTレシピ] 天候が変化すればTweetする

「現在の天気が変化すれば、どのようになるのかをTwitterでつぶやく」レシピを試してみました。いまのところ1回だけ起動しました。具体的には次のようなTweetをつぶやきました。

確かに弱い雨が降っていました。が、Tweetする以前から、です。できれば雨が降りそうになったとき、前もってつぶやいてくれると嬉しいのですが…。
まあ一旦設定してしまえば、未来永劫つぶやき続ける、というのは凄い事であります。