Apple Watch体験記:当方にとっては”猫に小判”

買ってしまいました。Apple Watchを。スポーツタイプの最も安価なタイプです。 当方はPebbleを常用しており、とても便利で何一つ不自由しておりませんでしたが、IT系ビジネスマンとしては、やはりトレンドを身をもって体験、学んでおかねば、という大義名分で。
結論から言えば、当方にとってのメリット、デメリットは以下の通りでありました。

メリット:

  1. 大型iPhone(iPhone 6/plus)を持っている人には便利かも。
  2. ヘルスケア系用途には向いているっぽい。特にスポーツ(マラソン、ジョギングなど)をしている人はさらに便利かも。

デメリット:

  1.  デフォルトで、画面消灯状態。時刻を表示させるためには、Apple Watchに刺激を与えなければならない。(腕を傾けるなど加速度を与える、または、画面をタッチする等の必要あり)
  2. Androidな人には”猫に小判”

まず前提としてですが、現行のApple Watchは、完全なiPhoneのコバンザメ・マシーンです。iPhoneを持っていない人は、Apple Watch単体で持っていても、何一つ面白くもないことでしょう。Apple Watchは、iPhoneとシンクロさせてナンボ、の機械であります。

では、まずはメリットから。1番目のメリットは、大型iPhoneを持っている場合、通知(Notification)の窓口として有用と思われます。胸ポケットに強引にiPhone 6plusをねじ込んだりもできなくはないですが、ちと辛い。そのような場合、Apple Watchがあれば、iPhoneへの通知を腕で知ることができます。

2番目のメリットは、ヘルスケアに向いてそうな点です。心拍数を測るアプリがプリインストールされてますし、マラソン系アプリと連動させれば、より楽しめるように思います。また、デスクワーク中心なホワイトカラーな人で運動量が低い人に運動を促すアプリもプリインストールされております。立ち上がらずにデスクワークばかりしていると、そのうち、「たまには立ち上がりましょう」みたいなメッセージが腕時計を通じて通知されます。気分転換のきっかけになるかもしれません。

次に、デメリットを。1番目のデメリットとしては、”普段、時刻が表示されず、真っ暗な画面であること”です。当方の場合、腕時計はデスクワークをする際、腕から外して机の上に配置します(特に夏場は腕時計を装着していると、腕が蒸れてきて気持ち悪くなるため、外すシチュエーションが多発しております)。Pebble、もしくは、普通の腕時計であれば、腕から外していても時刻を常時表示しているので、チラッと視線を動かせば時刻を知ることができます。Apple Watchで時刻を知るためには、「腕につけた状態で、腕を傾ける動作をする」、もしくは、「腕時計の画面をタッチする」などのApple Watchに対する人間側からのアクションが必要となります。これが結構面倒です。

2番目のデメリットは、Apple WatchはiPhoneとしかペアできないこと、です。当方はiPadを愛用しておりますが、こちらとペアを組むことは現状できません。また、当方はスマホはAndroidを常用しており、こちらともペアできません。というわけで、Apple Watchを楽しむためには、iPhoneを用意しなければなりませんが、現在手持ちには、白ROM端末化したiPhone 5sしか所有しておらず、WiFi環境下でのみApple Watchとペア利用する、という限定された環境下でしか真価を発揮できません。

というわけで、当方にとってはApple Watchは”猫に小判”であります。もっとも、今後はApple Watch単体のアプリが動作できる方向に進化していくと期待してます。またその時点でレビューしてみたいと思います。

固有名詞が出て来ない

ある夫婦の会話。この秋、日本のシンドラーこと杉浦千畝の映画がロードショー公開されるとのこと。
夫「杉浦千畝といえば八百津八百津の酒と言えば、”玉柏”。これから”玉柏”が注目されて値が上がるかも。安い間に買い込んでおこうか。」
妻「そんなこと言うて、吞んでしまうだけやないの。」
夫「ばれたか。ちなみに、その杉浦千畝の映画の原作は、もしかして同じ八百津出身の、あの人?」
妻「そうかも。えーっと、誰やったっけ。」
夫「半沢俊樹の作者や。」
妻「それを言うなら、”半沢直樹”。」
夫「池波正太郎。」
妻「ちゃうちゃう。池、池、…。」
夫「池乃めだか」
妻「(無視)」
夫「池戸淳」
妻「池井戸潤!」

なかなか固有名詞が出づらくなってきた夫婦でありました。

NHKのど自慢・一次予選敗退記

来たる9月にあるNHKのど自慢に応募しました。が、見事落選。予選が2回(ハガキ審査、歌の審査)とあり、そのうちハガキ審査レベルでNGとなりました。結果通知のハガキを見ると、850通を超える応募があったとのこと。歌の審査に200組が、実際にテレビに出られるのがうち20組とすると、テレビに出るには、なんと42.5倍の競争率が必要ということになります。
捲土重来を図りたいと思います。

携帯電話の維持費を劇的に削減

これまで長年利用させてもらっていたソフトバンクのスマホを解約し、DTIに乗り換えました。これにより月額維持費が約5,500円→約600円となり、月に約5,000円も削減です。具体的には次のような変更をいたしました。

<変更前>
・機種:iPhone 5S
・通信キャリア: Softbank
・月額: 約5,500円

<変更後>
・機種: Nexus5
・通信キャリア: DTI
・月額: 610円

変更の理由は次の通りです。
・電話はほとんど利用しない。
・WiFi環境が充実した場所での生活がほとんど。

というわけでこれから格安スマホライフを始めてみます。


奈良県南部滞在記

今年も奈良県南部・下北山村で滞在してきました。
1日目(8月14日)
初日は到着後、すぐに滞在先近所の川に繰出し、浮き輪でプカプカ川流れ。夜は近所の地区での盆踊りに繰出しました。
2日目(8月15日)
二日目はさらに盛りだくさんな内容です。午前中は前日同様、近所の川で川遊び。

午後1時からは「アマゴ・鮎のつかみ取り」であります。いつもは近くの川に魚を放流し、岩場の陰に隠れている魚をつかみ取っていたのですが、今年は数日前に台風が来たために川の水量が増えすぎていたため、老人ホーム前でプールを複数用意し、そこでの人工的なつかみ取り大会でありました。

いつもと異なる環境であったため、収穫量が激減するリスクがありましたが、杞憂に終わりました。今回は長男(大学1年生)の友人1名も参加し、岩場でハイレベルなテクニックを持つ妻の収穫減を補い、トータルでは昨年並みに落ち着きました。
収穫した魚は、アマゴ28匹、鮎21匹の合計49匹。早速、昨夜に行ったバーベキューの消し炭を利用して火を起こし、収穫した魚を焼き上げました。

そうこうしているうちに、その晩は花火大会であります。若い男衆(長男、および、その友達、プラス次男)を午後4時過ぎに花火大会会場に送り込み、場所取りであります。既に見頃スポットは場所取り済み状態であり、かろうじて空いていた昨年と同じスペースを確保。再度、親戚宅に戻り、今度は妻と長女を連れて会場に戻りました。
花火は例年通り迫力のものでありました。小雨も降りながら午後8時半頃まで待ったかいがあったというものです。

3日目(8月16日)
3日目も朝から近所の川へ繰出しです。小雨混じりでありましたが、ほどよく日焼けいたしました。

長女、9年目のバレエ発表会

昨日、長女(小学6年生)のバレエ発表会がありました。習っているバレエ教室の毎年恒例行事となっており、長女は今回で9回目の出場です。全部で4演目ありますが、4演目全てに登場しました。初演の3歳の頃は、「参加に意義有り」的な感じでしたが、今年は既にバレエ教室内での中堅クラス。踊りも安定しており、観ている方も安心していられるようになりました。いつまで続けられるかはわかりませんが、可能な限り、サポートしてやってやろうと考えております。

[DTM][YouTube] F. Chopin “Grande Valse Brillante” Op. 18 (Ukulele version)


ウクレレの音色でDTMソフト Logic9を使って演奏してみました。

Updates everyday, maybe…