深圳の夕食

深圳で滞在先の通訳の人、その友人、および、私の3人で深圳のレストランに行きました(というか連れて行ってもらいました)。レストランといっても、日本で言えばイオンのようなスーパーマーケット内にあるやつです。スーパーの中は、ほぼ日本と同じ雰囲気。人々の多くはスマホを眺めたり操作しながら歩いています。唯一、大きな違いは客層が若い事。おじいさんやおばあさんといった年齢層の人々は日本よりも少ない感じでした。深圳といえば中国では都会ですので、地方から出稼ぎに来ている人が集結している街。よって、若い人々が多いのかもしれません。

さて、レストランは「星炭」というところ。「鍋」という文字があったので高まる期待。なんでも深圳にしては異常な程の低い気温だったからです。聞いたところによれば、9℃。日本の方が暖かいのではなかろうかと思う気温です。(といいつつ日本の奈良では2〜3℃らしいのでそれより暖かいですが…)


が、注文したのは鍋でなく炒め物でした。
赤い唐辛子が随所に含まれており、注意して食べなければなりません。また、こちらの肉類は必ずと言っていいほど、骨付き。ガラ捨て用の大きな皿が付いて来ます。

食べると案の定、激辛。私は普段、タイカレーを週に一度は食べているため、辛さには免疫力がありますが、おそらく普通の日本人では難しいのではなかろうかと思います。

なぜか飲み物には、トロピカルフルーツジュース。スイカやらキウイフルーツが入っています。しかもなぜか冷たくなく、常温のジュースでした。それにしても真冬の2月であってもスイカが食べられるとは思いませんでした。

ちなみに滞在先の会社とレストランとの往復はタクシー。片道で約300円程度と安いです。タクシーの呼び出し、決済もスマホのアプリ。アプリ上では呼び出したタクシーがリアルタイムに画面に表示され、あと何分で到着するのかも予想時間が出て来ます。これは、日本よりもこちらが進んでいると感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です