今年初の電動バイク

昨年11月からつい此の間まで修理していた電動バイク・Vectrix VX-1、今年に入って初めて動かしました。通勤の往復に使いましたが、なんとかバッテリーは持ちそうです。帰宅してからの残り走行可能距離は14kmほどありましたので、余裕です。もっとも今回は、以前、電欠となった経験をふまえ、恐る恐る走行しましたので、余裕が出来たのかもしれません。
また、この季節、グリップヒーターが無いのは辛いです。セロー(YAMAHA Serow 225WE)には付いているので暖かいのですが、こちらも有ると嬉しいところ。寒い季節は暫く乗るのを控えようと思います。

追記: 今晩充電をしようとすると、またブレーカーが落ちてしまいました。原因を調査しようと思います。

「今年初の電動バイク」への2件のフィードバック

  1. ご無沙汰しております。
    どうやらVX-1は本調子を取り戻してはないようですね。
    私が乗っているテラモータースのSEED60も2年目で通勤での往復16kmが限界の状態とまでにバッテリーがヘタっております。まぁ、2年でお払い箱になることは覚悟しておりましたけど。VX-1とSEED60を比較するのも失礼ですね。
    しかし、どちらにせよ、ベンチャー企業のものづくりはこれが関の山かも知れません。
    それに比べNC700Xは燃費も良く高速道路での高速クージングも申し分なく満足しております。やはり、この様な製品こそが日本製だと思います。
    ベンチャー企業の経営者は野望こそあるのでしょうが、今までの日本のものづくり、品質の高さを理解せずに平気な顔して世界に通用する伝々‥と片腹痛いですョ。中途半端な商品が日本製と名札を付けられて世界に出回ることは迷惑極まりないのでやめて欲しいです。
    愚痴ってすません(^_^;)

  2. VX-1は今度の5月で丁度、満3年となります。往復40km弱の通勤で何ともなかったのですが、昨年11月頃から不調。そろそろ微妙な感じになってまいりました。寒い時期は暫く休ませておき、もう少し暖かい季節になってから本格的に利用再開にしようと考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です