[Pebble WatchFace] バイブレーション時報付きアナログ時計

今日も天気が悪かったので、昨日に引き続き、自宅でPebbleと戯れていました。アナログ時計は直感的に現在時刻を把握できるのが特長ですが、やはりいざという時には正確な分単位で時刻を知りたいシチュエーションがあります。そこで、デジタル表示も腕時計画面の最下部に小さく表示させるようにしました。
現在の秒も時々知りたくなります。といっても秒の数字そのものではなく、1分のうち、何秒が費やされているのかを直感的に知りたい時があります。そこで、秒針の先端のみを円で表現し、それの軌跡が残るようにしてみました。
また、時報機能というのも欲しくなりました。毎正時(X時0分)になると、デジタル時計によっては、”ピピッ”という音を発生させることができるものがあります。また、一昔前のデジタル時計では、毎30分にも”ピッ”という音を発生させる機種もありました(なぜか最近の機種には搭載されているのを見た事がありません)。残念ながらPebbleでは音を発生させることができませんが、一方、バイブレーションさせることは可能です。そこで、30分おきに、毎正時にはバイブ2回、毎30分にはバイブ1回動作させるようにしてみました。
まだまだ色々なことがPebbleでできそうです。自分好みの時計を作る楽しみをPebbleでは満喫できます。いやはや楽しいおもちゃを手にしてしまいました…。

もしPebbleをお持ちでご利用になりたい方は、以下のリンクからPebbleへインストールしてくださいませ。Watch Faceの名前は”TamAnalog”です。
注:無保証です。自己責任でお願いします。特にバイブが30分毎に動きますので、電池の持ちが悪くなるかもしれません。動作テストは未だそれほど行っておりませんので、結構消耗するかもしれません。また、Pebbleの置き方によっては、静かな場所ではバイブ音がビックリするほどの音に感ずる可能性があります。予めご了承くださいませ。

tamanalog.pbw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です