腕時計の暑い季節

日中は35℃あたりまで最高気温となる奈良。極力余分なモノを身につけたく有りません。髪の毛は極力ショートヘアにしています。当方の場合、スポーツ刈りであります。出勤中はもちろんクールビズです。ノーネクタイ、半袖ワイシャツに加え、風通しの良いズボンを先月に新規購入しました。
問題となるのは腕時計です。基本的には腕に装着し続ける器具ですので、接している箇所に汗をかいてしまいます。なるべく肌と接する面積が小さくすることが望ましいことになります。
ベストは「装着しないこと」であります。しかしながらビジネスマンの宿命としてタイムマネジメントは必須。スマホでちらりと時間を確認することもできますが、さりげなく時間を確認するためには、やはり腕時計が便利です。
会社での仕事中は基本的にはデスクワークがほとんどですので、腕時計を外して手元に置きます。その際にメタルバンド式の腕時計は、時刻が見える角度に調整し、置くことができます。一方、樹脂バンドの腕時計はそれができません。やはりビジネスにはメタルバンド式の腕時計が当方には向いていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です