長女、駄洒落に燃える…

長女(小学2年生)は最近ダジャレに目覚めました。「内蔵がないぞう」、
「公文へいくもん」といった古典的ネタを自ら発見したかのように報告してくれます。そういえば、長男や次男も小学1,2年生の頃に連発していたことを思い出しました。この頃に言葉に対する感覚が研ぎ澄まされていくのかもしれません。順調に成長してくれているようで嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です