やむを得ずPowerPoint2007

プレゼンソフト Microsoft Power Point 2003を当方愛用しています。プレゼン用だけでなく、WYSIWYGなので印刷用原稿を作成する場合にも利用します。が、今日、とある部門から送付されてきたPower Pointファイルを開いてみると、必ず「データが壊れています」といったエラーダイアログが出てしまいます。仕方が無いので、送付先の部門に再送してもらいましたがNG。おそらく当方のPower Pointが最新のVersionではないのかと思い、Microsoftのサイトからupdateをかけましたが、最新とのこと。今度はもしかするとMicrosoft Updateをかけると治るかも、と考え実行。しかしながらNG継続です。最後の手段として、PowerPointのフルモデルチェンジ版であるPowerPoint 2007をインストールしてみました。するとOK。何のエラーも発生せず、利用可能となりました。エラーの件はこれにて一件落着です。
しかしながらPowerPoint2007は一つ問題点があります。それは、「メニュー構成が2003と全く異なること」です。2003には普通であった、「ファイル」というメニューが存在しません。代わりに、マイクロソフトのでかいアイコンが左上に存在し、これを押すとほぼ等価なメニューが現れました。しばらく2007のメニュー体系に慣れるのに時間がかかりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です