素晴らしき治癒力

約10日ほど前、カッターナイフで親指を切ってしまいました。電気炊飯器を購入したので、開封をしようとヒモをカッターで切ろうとした際、誤って左指をスッと。

直後

数分程度は出血が止まらず少し焦りましたが、息子が持っていたバンドエイドで止血。数時間ほどは血が滲みでていました。数日間は左親指をなるべく使わぬように気を使って生活しました。当方は仕事でキーボードを使うことがほとんどなので、左親指ではスペースキーを使わぬように工夫。幸いにも左親指の出番はほとんどないため、助かりました。

10日ほど経った現在、傷口は固まり、圧力を加えなければなんともないところまで復活しました。人間の治癒力は素晴らしいです。

約10日後

年賀状に想う

毎年年末は年賀状を作成する業務(?)が有ります。従来はノートPCでデザイン作成、編集、印刷まで全て一台でこなしておりましたが、ここ数年はデザイン作成、編集をiPadで実施しています。デザインといっても大抵は家族全員が写っているその年の写真を探し出し、それを加工、肉付けしておしまい、ってところです。が、その一連のプロセスにはiPadがとても効率良くできるのです。

具体的には、次のようになります。まず家族全員が写っている写真をまずは見つけるところから。これは大抵、家族旅行の写真ですので、Google Photosを起動し、旅行の日付、または、場所で絞り込みます。すると大抵、2、3枚は適当な写真が出てくるので、それを採用。まずはベースとなる素材を確保します。

次は加工段階。これはiPadのソフトであるProcreate を使います。レイヤーを重ねて加工を試行錯誤できるので、失敗を恐れることなく大胆にデザインすることができます。iPadなので、隙間時間にあれこれいじることができ、知らぬ間に年賀状のデザインが出来上がり。ここまで出来れば年賀状は8割完成したのと同じです。残り2割はprocreateで作成したデザインをJPG化し、ノートPCにevernote経由で移動しておしまい。ノートPCには何年も使っている年賀状印刷専用のプリンタが接続されており、ほぼ1年おきに稼働させています。宛名書きはフリーソフトを利用。これで毎年の年賀状作成作業は完了となります。

ただ毎年、年賀状の作成枚数は減少傾向です。今年は家族全員で70枚くらい。うち50枚くらいが妻の分。当方分は約20枚。理由はお察しの通り、SNSです。Facebook、LINEなどここまで普段から使っていると、わざわざ郵便葉書を使って新年の挨拶をなぜしなければならないのか、という疑問があります。しかも葉書にその人へならではのメッセージがこめられていれば別ですが、既製のデザインの葉書に氏名と住所だけ書かれた年賀状などもらっても嬉しくも何ともありません。ならばSNSでその人へ宛てた個別メッセージの方が余程、ありがたいと思います。というわけで、次回の年賀状はさらに厳選しようと考えております。