定期券購入方法の改善記

当方は会社へ電車通勤しています。もちろん定期券を利用しており、最もコストパフォーマンスの高い6ヶ月版を半年に一度更新しています。大昔は定期券の更新と言えば、専用の窓口に行き、所定の用紙に必要事項を記入後、駅員と対面で更新、という手続きでした。最近では(といってもかなり経ちますが)、駅の自動券売機にて定期券の更新もできるようになっています。

当方の場合、近鉄電車を利用しているのですが、定期券が購入できる駅というのが全駅では無く、特定の駅のみ、と言うところです。そこで半年に一度、当方の自宅から歩いて行ける主要駅まで会社の休日に歩いて定期券更新に行っておりました。特に疑問も持たず、何年にも亘り、その行動をしておりました。ただしその駅は、定期券を使っていける範囲内の駅では無いため、もし電車で行くとすれば、只で行くことは出来ません。例えば、会社帰りに定期券を買おうとすれば、少し追加費用を払って定期券を購入に行かねばならない訳です。

が、今回は「定期券で行ける範囲内で定期券を更新できる自動券売機が設置されている駅があるのでは」とふと疑問に思いました。早速、スマホでググってみましたら、1カ所、有りました。その駅は丁度、乗り換えに使う主要駅です。「そう言えば券売機が駅の東口にあったな」と記憶が蘇りました。何度か使ったことが有ります。さらに「そう言えば駅の西口にも自動券売機が

有るはずだ」と連想が自分の頭脳の中で勝手に起こります。切符を購入した経験は無いけれども、そちらの方が近い場所に有るので、帰宅時の乗り換え待ちのタイミングに試しに行ってみました。

大正解です。有りました。その乗り換えに使う主要駅の西口の自動券売機で「定期券」という文字が記載されています。早速、定期券を更新しました。普通の切符を購入するよりも時間は若干かかりました(体感で普通の切符の倍くらいの時間)が、これまでのやり方(休日に徒歩で最寄り駅まで定期券を購入する方法)に比べ、圧倒的に短時間で定期券更新が済みました。

今回のポイントは、以下3点です。

・いつものやり方に疑問を持ったこと

・即座に調べたこと

・改善方法が分かったら、すぐ行動したこと

今回のは一例に過ぎず、他にもカイゼンすべき点が有るはず。現在に安住すること無く、日々問題意識を持ち続けようと思います。