目をあまり使わずに読書する方法•β版

完全な方法ではないのですが、ある程度、目を使わずに読書する方法をご紹介します。用意する物のは、2点。iPhone(iPadでも可)、および、Kindleアプリです。屋外であれば、ヘッドフォンも用意するのが良いでしょう。

結論を先に言ってしまえば、iPhoneの読み上げ機能を使います。そこで、まずはiPhoneの設定を次のように行います。

一般→アクセシビリティ→スピーチ→画面の読み上げ、をONにする。

たったこれだけです。これで、iPhoneの画面で、画面上部から二本指で下へスワイプすると、画面に表示されている文字列を音声で読み上げてくれるようになります。

設置終了後、Kindleアプリを立ち上げます。読みたい本を表示し、画面上部から二本指で下へスワイプしてみてください。しばらくすると、音声読み上げが始まります。ページめくりも勝手にやってくれるので、目を使わずに読書することができます。

もっとも完璧な方法ではありません。Kindleの本に図があるエリアでは、そこで読み上げが止まってしまいます。その場合は、Kindleで次のページに手動で移動し、再度、二本指スワイプで音声読み上げを再開せざるを得ません。

まあ、それでもある程度、ほぼ目を使わずに耳から読書できるため、目を休めたい場合には便利な方法かと思います。

Amazon中古本購入に失敗した話

4月末、直木賞受賞作「蜜蜂と遠雷」をAmazonで見かけたので購入しようとしました。丁度、中古で激安価格600円で売っていたため、即座に購入手続き実行。新品の書籍(紙)で1944円もするので、安い買い物をしたと嬉しがっていたのですが、待てど暮らせど書籍が届かず。連休に読もうと思っていたのに連休が明けても商品は到着しません。5月13日到着予定としながらも、その期日が過ぎてもやってきません。気の長い私ですが、ついに業を煮やして商品出品者にAmazonのサイト経由で問い合わせてみると、なんと出品者へ連絡が付かない状態に。Amazonではそのような場面への救済策として「マーケットプレイス保証を申請」という道があり、初めてそのサービスを利用しました。Amazonの反応は早く、こちらの支払った金額+配送料合計の857円がAmazonのギフト券となって戻ってきました。

よく考えてみると、Amazonの電子書籍Kindle媒体の方で購入すると1,555円。ですが、ポイントが467pntも付くため、実質1,088円で購入できるのでありました。中古本が857円なので、その差はわずか231円。であれば、最初から電子書籍で購入しておけば良かったと言うことでありました。不愉快な思いもせず、かつ、即座に入手できるので…。

と言うわけで、今は電子書籍版を購入し、読み始めております。