スマートウォッチPebbleで自作腕時計作成成功!

先日入手したスマートウォッチPebbleで早速自作の腕時計を作ってみる事にいたしました。
まずは、作成のポリシーとして以下3点を念頭に置いてみました。

  1. アナログ表示であること
  2. 秒針は目立たぬこと
  3. 年月日、および、曜日の情報も表示すること

まずは1件目のアナログ表示ですが、これは単に当方の好みであります。パッと腕時計を見て、直感的に分かり易いと思うのが当方の場合は針の角度で時刻を表現するアナログ方式であります。
次に2件目の秒針。これはリアルな腕時計の場合、結構、秒針は自己主張します。時間と分のみを知りたい時に、秒針が目立って欲しくない、というのが当方の好みです。
そして3件目は、年月日や曜日の情報も表示させたい点です。リアルなアナログ式の腕時計の場合、日や曜日を表示させるものは結構ありますが、月や年を表示させるものは少ないように思います。ところが、仕事をしている場合、ふと、「今日は何年の何月何日かな?」と年月日を知りたくなることが多々あります。曜日も同様です。というわけで、せっかくのバーチャル腕時計ですので、これらの情報も表示させてしまいましょう。

てなわけで、Pebbleのdevelopper siteからMacに開発するためのソフト(SDK)をインストールし、サンプルプログラム(Simple Analog)をベースに少しずつカスタマイズ作成してみました。

出来上がったのが下記であります。

130831 Pebble

元々ベースに利用させてもらったサンプルがアナログ時計です。こちらのデフォルトは、曜日と日のみ腕時計の中央よりやや下あたりに表示させるようにしていたところを、長針や短針に被さって見えなくならないような場所(右下および左下)へ移動させました。また、年(西暦)や月(英語の3文字表記)はそれぞれ左上と右上へ追加しました。
また、秒針については、サンプルのデフォルトでは1 dotのlineで表示されておりましたが、こちらは目立ちすぎるため、半径2dotの円に置き換えて表示させるようにしました。

というわけで、約3時間程で自分好みのカスタマイズ腕時計が作成できました。いやぁ、Pebbleって面白いですねぇ。

職場の歓迎会

当方勤務の職場に新たな方がメンバーとして加わり、歓迎会を開催しました。一次会は会場を貸し切り、飲み放題。二次会はもちろんカラオケであります。なんじゃかんじゃで予想外に盛り上がり、大成功でありました。やはりたまには、いわゆる”飲みニケーション”を実施する必要があると痛感いたしました。

スマートウォッチ・Pebble

スマートウォッチ・Pebbleを入手しました。当方は腕時計好きで、これまで様々な腕時計を持っています。が、以下2点の不満点がありました。
第1の不満点は「気分によって表示方法が変えられない事」でありました。普段は、ざっくりとした時の流れを直感的に理解しやすいアナログ表示が良いのです。一方で、1分刻みで時刻を知りたいシチュエーションもたまに登場します。例えば、電車に乗る際、乗りたい電車があと何分でやってくるか知りたい場面があります。あるいはタイムキーパー的な仕事をする場面もあります。このような場面においては、時刻をデジタル表示すると分かり易いです。従来の腕時計はいずれか一方の表示しかできないものがほとんどであり、これが当方の不満点でありました。
第2の不満点。アナログ表示やデジタル表示のいずれもですが、従来の腕時計の場合、ユーザの好みによってデザインすることがほぼ不可能でした。デザインはメーカー任せ。
Pebbleならこれがユーザーの手で好きな表示方法を作り出すことが可能です。こちらのページにカスタマイズ方法が記載されておりますが、必要機材(パソコン+スマホ)があり、C言語でGUIプログラミングができるレベルの人であれば、自分好みの時計表示をカスタマイズ作成することができそうです。当方も早速、開発ツール(無料)をMacにインストールし、Hello Worldが動作するところまで出来ました。
久しぶりにワクワクするガジェットと出会いました。

電力量計測計を購入

Amazonで購入しました。プラグとコンセントを接続する間に挿入すると、デジタル表示で電力、および、電力量などを表示してくれます。早速、扇風機で試してみました。扇風機は弱よりも中、中よりも強の方が数字が大きく表示されます。電力を良く喰らうものを特定するのに使えそうです。

Vectrix VX-1 走行15,000km超え

通勤に利用している電動スクーター・Vectrix VX-1の総走行距離が15,000kmを超えました。電動なのでガソリンやエンジンオイルが不要であるため、普段のメンテナンスはタイヤやブレーキパッドの交換くらいです。これまでブレーキパッドもタイヤも1回ずつ交換しただけ。メンテナンス好きな人には物足りないかもしれません(当方のようにモノグサな人間にとっては大変有り難いです)。
つい一週間ほど前、最高気温が35℃を超える猛暑日の頃は、さすがにバッテリーの調子がよろしくなく、1回の充電で、勤務先と自宅間の往復・約40kmを走りきるのがギリギリといった感じでありました。最近は暑さが和らいできたため、帰宅時には「残り走行可能距離=15km」あたりを残す余裕が出てきました。通勤にはまだまだ利用可能であります。丁寧に乗って行こうと思います。

社内出張

当方の勤務先は奈良県内にあります。一方、本社は大阪市内であり、昨日は本社への出張が久しぶりにありました。社用車で高速道路を移動し、約30分程度。道中はのんびりとした田園風景が広がり、ちょっとした旅行気分になります。

近所の公園・大渕池公園(東側)を歩く

昨日、近所の公園に行ってきました。大渕池公園(東側)です。タコのような遊具があるので、われわれは通称「たこ公園」と呼んでおります。小雨混じりでしたので、公園で遊んでいる人は皆無でした。久しぶりに行きましたが、相変わらず自然が豊富で心落ち着ける場所であります。

竹薮もあり、蝉時雨の中、歩いて行きました。

久しぶりにTOEIC受験

久しぶりに英語のテスト・TOEICを受験しました。Listeningは普段から英語のラジオ(BBC World Service)を朝夕聴いていたためか、それほど難しく感じませんでしたが、問題はReading。制限時間を残す事、あと1分くらいの状態でなんとか終了。reading speedが落ちていることを痛感しました。
原因として、最近、英字新聞を読まなくなったり、英文の文書を読む機会がやや減っていることにあると思います。次回に向けて英文の読解量を増やしていこうと考えております。

ゲリラ豪雨

当地奈良では夕方から曇り空となり、夜7時頃、強烈な雨が降ってきました。丁度、妻が帰宅する時間帯であったため、降車駅までマイカーで迎えに行くことにしました。道中、ワイパーは通常モードでは役不足。ハイパワーモードで進みます。
目的地に到着した途端、雨は一転、小降りに。これぞいわゆる「ゲリラ豪雨」というやつでありました。

腕時計の暑い季節

日中は35℃あたりまで最高気温となる奈良。極力余分なモノを身につけたく有りません。髪の毛は極力ショートヘアにしています。当方の場合、スポーツ刈りであります。出勤中はもちろんクールビズです。ノーネクタイ、半袖ワイシャツに加え、風通しの良いズボンを先月に新規購入しました。
問題となるのは腕時計です。基本的には腕に装着し続ける器具ですので、接している箇所に汗をかいてしまいます。なるべく肌と接する面積が小さくすることが望ましいことになります。
ベストは「装着しないこと」であります。しかしながらビジネスマンの宿命としてタイムマネジメントは必須。スマホでちらりと時間を確認することもできますが、さりげなく時間を確認するためには、やはり腕時計が便利です。
会社での仕事中は基本的にはデスクワークがほとんどですので、腕時計を外して手元に置きます。その際にメタルバンド式の腕時計は、時刻が見える角度に調整し、置くことができます。一方、樹脂バンドの腕時計はそれができません。やはりビジネスにはメタルバンド式の腕時計が当方には向いていると思います。