電動バイクVectrix VX-1の回生ブレーキ多用運転

当方の通勤手段のメインは電動バイク・Vectrix VX-1です。会社と家の間は片道約20kmあります。普通のバイクでは、ブレーキは機械式のみですが、VX-1には機械式に加えて、「回生ブレーキ」もついております。右手でハンドルグリップを回すと、通常のバイクのように加速します。一方、逆方向に回すと後輪の回生ブレーキが働くようになっています。回転角によって微妙に制動力をアナログ的に調整でき、後輪ブレーキングに使う事ができます。ただし、機械式でフルブレーキングする力に比べるとやや弱め。とっさに急ブレーキを掛ける場合には、回生ブレーキだけでは不十分な力であります。
あらためて考えてみると、フルブレーキングするような運転をしなければ回生ブレーキだけでも走れるはずです。しかもそのような運転というのは、回生ブレーキの制動力を予測し、所望の場所に止れるように安全に運転しているとも言えます。また機械式ブレーキを使わなければ、ブレーキパッドも長持ちし、経済的(お財布)にも良い効果が期待できます。また強い加速・減速を避けるようになり、電気の使用量も抑えられる”エコ運転”の効果もあるように思います。
そこで、本日は行きと帰りの運転において、出来る限り回生ブレーキのみで運転してみました。その結果、往路では機械式ブレーキを8回、復路では3回。なんとなくゆったりとした安全運転に変化したように自己満足している次第であります。明日以降も機械式ブレーキ回数のゼロを目指し、エコ運転に磨きをかけてみようと思います。

バイクツーリングしたい…

当地奈良市では、暑からず寒からずのとても良い気候となりました。室温は何もしなくても20度前後。屋外にバイクに乗っていても寒くも暑くも有りません。実に快適。こんな場合、少し遠くまでツーリングしてみたいと思いますが、なかなか平日に休みを取るタイミングが無く、いまひとつ行けておりません。11月になったら寒くなりつつあるので、ここら辺でちょっと行ってみたい今日この頃です。

研修

珍しく丸一日、会社で研修を受講しました。プレゼンのスキルを磨く研修です。普段から講師をやっていらっしゃる同僚が講師役となり、数々のプレゼンテクニックを実地に学ぶことができました。なかなか奥が深い分野です。

ワインに凝る日々

最近はビールではなくワインを飲む機会が増えました。妻が赤ワインを飲むとお通じが良くなるとのことで、それに合わせる形でよく飲みます。毎週1本は空けてしまうペースです。食欲の秋、ならぬ、ワインの秋、になりました。

母校の入試説明会

次男(中学3年生)が当方、および、長男(高校2年生)の母校に入学を希望しており、その入試説明会が本日ありましたので行ってきました。昔の恩師や、そこの学校の先生になった同窓生にも会い、なんだか親しみ易い雰囲気でありました。入学できれば良いですが、こればかりは時の運。なるようにしかなりません。

Friend in need is friend indeed.

「まさかの時の友が真の友」なることわざがあります。苦境に立たされた時、優しく気遣う人もいれば、その逆である人も。なにくそと気合いを入れる人もいれば、その逆に落ち込んでしまう人も。苦境に立たされている時にこそ、その人の真価が問われるということを痛感する日々であります。

好調な電動バイク・Vectrix VX-1

当地奈良市では、最高気温が20℃を割り込むようになってきました。通勤に電動バイク Vectrix VX-1を愛用しておりますが、最近、動力性能がますます好調になってきました。おそらくこれくらいの気温でベストなコンディションとなるように設定しているのではなかろうかと思ったりします。タイヤも交換してグリップ性能も良くなり、実に調子の良い感じであります。

リアルタイムに飛行機、電車の動きを表示するサイト

会社の同僚に教えてもらったサイト2件です。
1件目は、飛んでいる飛行機がリアルタイムに分かるサイト(http://www.flightradar24.com)です。なんとなく管制官になった気分になれます。
2件目は、リアルタイムに電車の運行状況が分かるサイトです。これまた電車の管制室にいるかのような気分に浸れます。
いやはや驚きであります。