今週二回目の宴会

今週二回目の宴会がありました。当方が勤務する会社の同じ部署に新たなメンバーが複数入って来られたため、その歓迎会であります。これまでとは気風の違う方々ばかりですので、当初はどうなることかと思いましたが、酒を酌み交わしていると同じ人間であることがわかりました。やはり「飲みにケーション」というのは有効であります。

やや春めく一日

当地奈良市では、朝から快晴でした。朝の気温は低く、約1℃。3月末とは思えぬ気温です。一方、昼間はポカポカ陽気でした。一気に桜の蕾が膨らみ始めたように感じます。来週くらいには開花しそうな気配が漂いだしました。春までもう一押し、といったところです。

来年度に向けてリエゾン期間

今週は今年度の最終週です。ほぼやらなければならない仕事は終了し、次年度に向けての準備作業期間であります。一見暇そうな時期ですが、ここでしっかりと計画し、かつ、インフラ整備をしておくことが次年度のスムーズな滑り出しができるというところ。ちとシステマティックにplanningしていこうと思います。

腐っても一眼レフ

久しぶりに一眼レフのデジカメを使いました。EOS 10Dであります。今から9年前に発売されたマシンであり、画素数は600万、きょうびのケータイのデジカメよりも低画素です。iPhone4Sのカメラは800万画素であり、数字だけでいえば負けています。しかも操作部のプラスチック部分が劣化。言わば、朽ち果て寸前の状態であります。
しかし、カメラはレンズ性能が命。本体は時代と共に陳腐化していきますが、レンズは朽ちません。ズームレンズでのボケ味はiPhoneでは出せません。まだまだ現役マシンとして活用しようと思います。

Yukiyanagi

Sakura-sou

Habotan

IT機器利用形態・プライベート編:出先ではiPhone、LivingではiPad、書斎ではMac

IT機器に囲まれた生活をしております。会社で利用しているパソコンはWindowsのものばかりですが、個人利用のIT機器は最近全てApple製です。出先ではiPhone、リビングではiPad、書斎ではMac、であります。見事に棲み分けができてしまっております。
出先ではやはり電話機能は欠かせません。また持ち歩きが軽快であることも必須。となると最も軽量なiPhoneが必然的に選択されてしまいます。愛用歴は2008年からですから約4年、となります。
一方、Living(居間)では多少重くても膝の上に置いたりして使えますので、大きく字が見える機器が望ましいです。とはいえ「気軽に即座に使いたい」という要求があり、それに応えてくれるのはパソコンではなくタブレット機器、となります。また食事しながら新聞を読む、みたいなことが気軽にできるのもタブレット。ということでiPadが最近では主役に踊りでております。
が、じっくりと長文を書いたり、プログラミング作業するにはやはりパソコンが欠かせません。ということで書斎ではMacBookの出番となります。
最近はマスターデータの所在がサーバー側に移行しつつあるため、デバイスは何でもOK、的な状況になりつつあります。適材適所でIT機器を活用させてもらっております。便利な時代になりました。