「龍馬伝」最終回の後半を見逃す…

昨夜はNHK大河ドラマ「龍馬伝」の最終回でした。8時過ぎまで食事の準備があったため、「とりあえず1時間録画」をHDDレコーダーでやっておき、8時20分くらいから「追っかけ再生」で鑑賞開始しました。ところがどうやら最終回は75分あったそうで、残り15分がちょんぎれてしまいました。うーむ、困ったものです。今度の土曜日の再放送でリベンジしようと思う今日この頃であります。

長岳寺の紅葉

秋も終盤にさしかかっており、たまたま家族全員が揃うタイミングとあり、近所の寺(長岳寺)へ紅葉見物に行きました。奈良では紅葉で有名な寺とあり、小規模ですが観光客は結構沢山です。風がやや強めで体感的には少し寒さも感じるようになってきました。秋は終わろうとしています。

iPadは動画を観るのにも便利…

寝転びながら映画などのDVDを観る時、以前は、MacBookでDVDを見たりしておりました。問題点は、「重いこと」です。仰向けに寝転んでその上にMacBookを置くと、2時間くらいある映画ではとても耐え切れません。かといって、横向きに寝転ぶとMacも横向きに置かねばならず、ちと不安定な感じでした。
そこで、iPadで観る方法を模索。その結果、次のような方法でDVDのデータをiPadに移せることが判明しました。

  1. DVDをPC(Windows)でHandBrake + DVD43にてm4vファイルに変換する。
  2. 同m4vファイルをiPadのGoodReaderでダウンロードする。

iPadでは実に綺麗にDVDのデータを鑑賞することができました。iPadならば、寝転びながら観るのに重くなく、とてもいい感じです。ただし、問題点も判明。その1:上記のNo.1の変換工程に時間がかかること(当方のPC=Pentium Dデスクトップで、DVD1枚の変換に約2時間)。その2:変換後のファイル(m4v)サイズが巨大(約1.2〜1.5GB)なため、あっという間にiPadの容量が不足してしまうこと。
とはいえ、寝転びながら動画、という時にはiPadは最適な重さと画面サイズです。読書端末としてだけでなく、動画鑑賞用端末としても便利な機械であることを実感しました。

久しぶりのオフロード走行

愛車セロー(オートバイ)で平日はほぼ毎日のように会社へ通勤しております。通勤路に未舗装路(田んぼの畦道)がありますが、「オフロード」と呼ぶには忍びないレベル。昨年10月末に自転車で骨盤骨折をして以来、いわゆるゲロゲロのオフロードは走行しておりませんでした。
が、本日はたまたま少し時間があったため、久しぶりに木津川あたりの林道っぽい所を走行してみました。大きな砂利やサラサラの砂地に行くとズリズリと両輪が滑ります。その”滑り具合を予測しコントロールする喜び”、これがオフロード走行の醍醐味です。フロントアップの練習やキャンバー走行の練習も軽くやってみました。一年前と比べ、かなり腕が落ちている、という感じです。今の季節、日中は寒からず暑からずでバイクを乗るには最高。時間を見つけて練習したいと考えております。

”No残業デー”に思う

毎月25日は給料日。その日は残業してはならない日(”No残業デー”)であります。いくら仕事がたまっていても、余程のことがない限り、残業することはできません。一方で、毎週、その週の成果がなんであったのか、というボスからの追及があり、それなりに成果を示さねばなりません。持ち時間内に要領よく仕事をこなすことが求められています。

時計はアナログ時々デジタル

秒針の無い腕時計を最近愛用している、といったことを先日のブログで述べましたが、ここ数日は”秒針のある”腕時計(機械式腕時計)の愛用にスイッチしています。理由は、「動いているかどうかが秒針が無いとわからない」からです。長針と短針だけの時計では、果たして本当に動いてくれているのかどうかが実に不安。一方、秒針があれば、その正確さは別として、秒針が動いてくれていることにより、時計が動いていることが判断できます。
では、秒針のある機械式腕時計に満足しているか、と言われると、これもまたYesと言い切れないものがあります。当方の日常生活において、秒単位の正確さが必要となるシーンが数回有るからです。
まずは朝の7時、および、午後11時丁度のタイミングです。我が家ではオール電化なので、電気代が午後11時~午前7時まで昼間の約1/3になるプランを使っております。よって、その時間帯に電気代が食いそうな作業(例:食洗機、洗濯、アイロンがけなど)を押し込めます。タイマーで自動で起動する作業は問題ありませんが、アイロンがけや、お茶沸かし、など”人手による電気を使う作業”は同時間帯の開始と終了をきっちりと管理せねばなりません。そのような場合には、秒単位で正確なデジタル時計が役立ちます。
また、会社に出勤している時、時々、出社/退社時刻を分単位で正確に把握しないとならないタイミングがあります。このような時もデジタル時計(電波+ソーラーが望ましい)がありがたく思います。
というわけで、当方の場合、すべての日常のユースケースにマッチした時計というのはありません。むしろ、場面に応じた時計を複数持ち歩き、最適なものを利用するのが本当は良いのかも。が、面倒です、複数の時計を持ち歩くのは。
時刻に応じてアナログ・デジタルが変化する時計が欲しい今日この頃です。

古き縁

当方の祖母(母の母)が入院したというので見舞いに行きました。98歳です。以前の元気な頃の面影はなくなり、憔悴した表情をされていました。話すこともできず、それでいてこちらの話すことはわかっている様子でした。が、握手すると握り返してくれて、言葉を超えて久しぶりに”会話”することができました。
病院へ行く途中、当地奈良から病院のある吹田への道はマイカーのナビに頼っていきました。が、なぜか指示する行路通りに行けず、大阪の陸運局付近に迷い込んでしまいました。するとどうでしょう。中古車やがふと目に留まり、以前乗っていたマイカーがそこに展示されているではありませんか。これはただならぬものを感じます。
本日は古き縁を味わう日でありました。

体力の衰え

先日、長男と久し振りにサイクリングしました。10km程度の短距離でしたが、結構運動になったと思いました。一年ほど自転車に乗っておらず、かなり筋力(脚力)に衰えを感じました。まずい!いよいよ自転車復活の気運が盛り上がりつつあります。