TOEIC参戦!

英語力をUPさせるため、久しぶりにTOEICを受験しにいきました。受験生は当方よりも20歳くらい下の人々がほとんど、という感じ。そのような中、おじさんは奮闘してまいりました。
200問の問題(listening, readingそれぞれ100問)を約2時間で回答せねばなりません。最初にlisteningがあり、それが終わった頃は結構朦朧としてきます。が、reading100問を約1時間で回答せねばなりませんので、スピード感が重要となります。今回もあと1分、というところでかろうじてreading 100問を解き終わりました。あまりTOEIC向けの勉強をしていなかったため、おそらく点数は向上していないような予感がします。さあて、次回に向けてまた勉強しますか…。

母校の入試説明会

母校(高校)の入試説明会に行ってきました。息子(長男)が受験したいとのことで、願書をもらうことが目的であります。本来であれば長男と一緒に行くのが理想でしたが、長男はその時間帯に塾がありNG。そこで当方一人で行ってきました。
久しぶりに恩師に出会い、その先生は教頭先生になってらっしゃいました。
自転車で自宅からわずかに15分。地理的には近い場所にありますが、偏差値がかなり高めの学校であり、果たして長男は合格できるのかどうか非常に不安であります。まあ結果はどうあれ、親父と同じ高校に行きたいと志してくれるだけでも嬉しいと思ったりいたします。

長距離の悦楽なら大型バイク vs 日々の悦楽ならセロー

修理に出していたセローがわずか一泊二日でバイク屋さんから帰ってきました。今回は、前タイヤと後輪ディスクパッドの交換、ナンバープレートの補強材(アルミ板)の追加、でした。しめて2万5千円なり。細かく維持費がかかるようになってきました。
というわけで、次機種の選定に入ってはいるのですが、どうも普段の通勤に使うにはオーバースペックな代物ばかりが目につきます。候補1機種目はBMW 1200GS Adventure。2機種目はYAMAHA Super Tenere 1200。いずれにしても毎日の通勤に使うには過剰品質といえます。むしろいずれも巨体ゆえ、渋滞時のすり抜けなどは困難を極め、むしろ使い勝手が悪いシーンが多発しそうな感じです。燃費もリッター15km前後であろうし、ハイオクを使うとなると現状のセローのようなレギュラーガソリンよりも単価が高くなるし…。日常の通勤での利用形態においてはセローが最適解です。
とはいえ、たまには一日数百kmくらいの超ロングツーリングをしたいもの。そのような場合にはセローは役不足です。リッタークラスのバイクでゆったりとクルージング、みたいなこともやってみたいと思うようになってきております。長距離なら大型バイクはとても極楽。昔、アフリカツインに乗っていた頃に痛感しました。あまり年をとると今度は体力がもたないので買って慣れるなら今のうち、とも思ったりもします。
まあ前提となる”先立つもの”というのを調達することをまずは考えるべきなのかもしれません。悩み多き青年(←ぉぃぉぃ)であります。

寒い代車のバイク

愛車セローの後輪タイヤを交換するため、昨日、またもやバイク屋さんに預けました。代わりにバイクをお借りしたのですが、これまたいつもと同様、110ccのスクーターです。寒い季節になってきたので気づいたのですが、「グリップが寒い」です。愛車セローにはグリップヒーターがついているので、ここ数日はグリップヒーターをON。実に暖かくて快適なのですが、この有難味を無くして初めて感じた次第です。早く戻ってきて欲しいと思うところであります。

急激に寒くなりました@奈良市

当地奈良では一昨日から急に寒くなりました。昨日は最高気温が14度程度だそうです。これは冬の気温。夏が長かったにもかかわらず、今度はいきなり冬、という感じ。秋が極端に短い、とも言えます。バイク通勤しておりますが、昨日は、ネックウォーマー+グリップヒーターでなんとか凌げたといったところです。

日経ビジネス@iPhone

なんと日経ビジネスなど日経BPの各種雑誌がiPhoneやiPadで読めるようになっておりました。もちろん有料ですが、従来、かさばる紙雑誌で購入していた当方にとってはとてもありがたい話です。ただしお値段は1冊600円と紙雑誌の一括講読と比較すると高め。もう少しお値段がお安ければキラーコンテンツとなりそうな予感がします。

HP200LX、復活!

しばらく放置していたHP200LX、ふと使おうとしたところ、なんとバックアップ電池CR-2032が成仏しており、Cドライブ(RAM)の内容が揮発しておりました。幸い、Cドライブの内容はAドライブ(SDメモリ)に自動バックアップしているので、新しいCR-2032を購入し、即復活。通常通りに利用できるようになりました。
滅多に使わなくなったHP200LXですが、日記、および、DVDプレーヤーの赤外線リモコンとして利用価値のあるマシン。末永く使い続けていこうと思っております。

バイク欲しい病…

愛車セローに乗り続け、早や7〜8年。満身創痍ですが、タイヤや駆動系を中心に交換し続けて乗り続けてきました。が、そろそろ足回りもつらくなってきて買い替え時になりつつあります。そこで、次機種の選定フェイズへと入りました。
まず制約条件としては、オフロードバイクであること。滅多に林道は行きませんが、それでも行ける可能性を保ちたいところです。
次にメンテナンスに不安がないこと。当初は電動バイク(Vectrixなど)にしようかとも思いましたが、メンテナンスをやってくれるしっかりとした店が重要。となると、大手メーカー製がよかろうということになります。
具体的な機種としては、(1) BMW 1200GS/GSA, (2) YAMAHA Super Tenereの二機種に絞り込まれてきました。さて楽しい機種選定の悩み期間の始まりであります。

チェーンソー初購入・利用体験記

来週末の近所の草刈に備え、自宅の庭の剪定作業に取り組みました。今回のテーマは大型の木の除去です。Google Mapにも映っているゴールドクレストや柿の木、百日紅と大物揃いです。これまではのこぎりでコツコツ切っておりましたが、今回のは明らかにのこぎりでは役不足。そこでチェーンソーを利用することにしました。
Webを見ると、ホームセンターで器具レンタルがあるらしいことが判明。そこで近所のホームセンターのレンタルコーナーに行ってみました。
ところが、です。残念ながらチェーンソーはレンタル器具にはありませんでした。ふと横の販売コーナーを見ると、なんと約6,000円で電動チェーンソーが売られています。別の種類は2万円〜3万円と結構なお値段。それに比べればはるかに安いです。背に腹は代えられず、即決、購入です。
さて、いざ本番。現場(自宅庭)へ赴き、早速、延長コードを2本連結し、電動チェーンソー初利用であります。
まずは柿の木。1分もかからぬうちに、あっという間に切断完了。ゴールドクレストは高さ2m以上、幹の直径10cmくらいの大物だったので10分程度かかりましたが、それでもノコギリでちんたら切ることを思えば圧倒的に短時間に切断完了しました。サルスベリなどは枝を払うだけなので一瞬で切断OK。
チェーンソーを生まれて初めて購入・体験できましたが、これほど便利とは思いませんでした。やはり道具の選定は大事であります。

やはりバイクは便利

普段、週末にマイカーで買い物によく行きます。大量の買い物の場合には、マイカーはとても便利。一方、「あっ、◯◯の購入を忘れてた…。」みたいな少量の買い物を短時間内にこなそうと思うとバイクが便利です。近くのスーパーに行くのも自動車だと億劫になりがち。まず出発時に「あっ、ガソリンが減ってしまう…」と思います。そしてスーパーに行くのに車が通れる大通りを通って行くので遠回りになり、時間がかかります。そしていざスーパーに到着してからは、駐車場に車庫入れするのにこれまた時間がかかります。
一方、バイクは短時間です。まず自宅からの出発時、燃料のことなどあまり考えず、気軽に出発できます。スーパーまでの経路はバイクでしか通れぬような細い道を駆使して近道ができます。そしてスーパーに到着したら、ガラ空きの駐輪場に何の苦もなく駐輪。あっという間に買い物着手できます。特に愛車セローは中型バイクですが小振りですので、とても取り回しが楽。いやはやバイクは便利であります。