中学生達の中間テスト始まる

中学生の息子たち(中三、中一)の中間テストが始まりました。が、彼らは余裕をかましております。「勉強せいっ!」と叱る気がおこらず静観しておりますが、大丈夫なのでしょうか。当方が中学生の頃、中間試験や期末試験といえば、少しでも点数をよくするために必死に寸暇を惜しんで勉強したような記憶があるのですが…。結果を見て必要であればフィードバックしようと思います。

紙媒体の電子化徹底宣言

iPadでますます新聞系web siteの閲覧が極楽モードとなりました。我が家では妻や子供達が紙の新聞を読むので購読しておりますが、当方はほとんど紙は読まなくなって久しいですが、iPadを入手し、新聞のみならず、書籍まで電子化してやっていける安心感が得られました。徹底的に身の回りにある紙媒体の電子化をして行こうと思います。

マイカーでドライブ

先週納車したエスティマハイブリッドで琵琶湖までドライブしてきました。今回の主目的はETCを使ってみること、です。これまでのマイカーには敢えてETC機器を導入しませんでしたが、今回のマイカーは中古車で最初から装着されておりました。一度使って見たいと思っておりましたので、今回のドライブでは高速道路の有るルートをわざわざ選びました。
琵琶湖迄の往路は下道をチンタラ走っていき、復路は高速道路で一気に帰宅、という作戦でした。京阪奈道路で1レーンETC専用があったので、恐る恐る通過して見ました。するといとも簡単に通過でき、料金は◯◯円です、なるアナウンスがカーナビから発せられました。いやはやハイテクです。これまで料金所で一旦停止し、財布から金を取り出して支払っていたのが嘘のよう。便利な時代となりました。
ちなみに今回のドライブは燃費がリッター16kmくらいでした。なかなか良い車であります。

我が家にiPadがやって来た

あのiPadが我が家にやって来ました。5/10に予約していたものがようやく、と言った感じです。
使って見た第一印象。1点目は、表示される情報量が多い点です。ブラウザのsafariでNew York Times、日経新聞、朝日新聞などの新聞系サイトなんかを見ると感動します。一画面で表示される文字数がiPhoneに比べると圧倒的に多いです。しかも指だけで操作出来てしまいますので、パソコンと比べても気持ち良く閲覧出来ます。
二点目は、文字入力がiPhoneと比較し楽ちんな点です。iPhoneでもフリック入力を高速に行うことが出来ればよいのですが、なかなかqwerty keyboardに比べるとスピードが遅いのですが、iPadの場合、巨大なqwerty keyboardが表示されます。こいつがなかなか入力しやすいです。ちなみに本記事もiPadで全て入力しております。iPhoneではこれほどの文字を入力する気にはなれません。
三点目 は、PDF viewerとして秀逸な点です。我が家の蔵書をscan snapでPDF化して時々iPhoneで読んでいるのですが、オリジナルの本の文字が小さい場合、iPhoneで表示するととんでもなく小さなサイズとなり、かなり見づらくなるという問題点が有りました。iPadでは画面がでかいので、逆にオリジナルサイズよりも拡大表示されますので実に読みやすいです。読書マシーンとして役立ちそうです。
今後も徐々にいろんなソフトをインストールして行き、使いやすくして楽しんで行こうと考えております。

それでも通勤には二輪車

納車間もないエスティマハイブリッドですが、普段通勤するにはあまりにもハイスペック。片道20km弱の混雑路を走るには、やはりバイクが便利です。燃費の良いハイブリッド車ですが、リッター16km程度に過ぎません。一方、当方の愛用しているバイク(YAMAHAセロー)では、リッター25km〜30kmくらいは走ります。独りで乗るならバイク、二人以上ならば車、といった乗り分けをしようと思います。

エスティマハイブリッドで独りドライブ

月に一度、有給休暇の取得ノルマがある会社に勤務しているため、今日はその有給休暇であります。そこで、先日納車したばかりのマイカーにて、近所を走りまわりました。
まずは近所の清掃センターへ、不燃ゴミなどを廃棄しにいきました。トロトロ走るので実に燃費が良く、瞬間燃費リッター30kmの状態をかなりキープ。次に、会社へ向かういつもの道。バイクではキビキビ走ることができる道ですが、自動車ではそうはいきません。これまた流れに沿ってゆったり走り、結構燃費が良さそうです。
そして走ったことの無い高速道路っぽい道(名阪国道)。こちらはアップダウンが結構あるので下りは燃費がリッター30kmを上回りますが、上りにさしかかるとエンジンパワーを使いまくるようで、リッター8km程度となります。走行モードはDとSの2種類があり、Dが通常走行のモード、Sがスポーツ走行(キビキビ)モードです。これまでDしか使ったことがなかったので、試しにSに入れてみました。するとなんということでしょう。パワー炸裂です。上り坂でもアクセルを軽く踏むだけでグイグイスピードを上げていきます。どうやらエンジン+モータの同時利用をしている模様。一方、瞬間燃費はリッター4km程度となり、それなりに犠牲を払わねばなりません。
オートクルーズ機能というのも試してみました。一定速度をキープする機能ですが、これはかなり慣れないと怖いです。時速60kmくらいで速度をセットしてみると、上りでもアクセルを踏まずとも勝手に踏み込んだ状態になり、自らのコントロール下にない感じ。しばらく使わぬようにしようと思いました。
以上、軽く半日で約150km走行し、燃費はリッター約16km。なかなかのものでした。

我が家のブーム・チャングムの誓い

我が家では最近、韓国のTV番組・「チャングムの誓い」が流行っています。昼間放映されている番組を毎晩のように見ております。以前、我が家で流行った「小公女セーラ」と同様、最初幸運な女性が途中大不運に見まわれ、が、最後はハッピーエンドで終わる”V字回復”型ストーリーであります。どうも世相がV字回復を期待するのと丁度マッチするので流行るのかもしれません(といっても我が家の中だけの話ですが…)。

雨続き

当地奈良では、昨日の日曜日から大雨でした。近所の元・あやめ池遊園地跡地の宅地造成エリアでは、更地にしつつある場所に泥水が溜まりまくりの状況です。昨夜、日曜日であったにも関わらず、午後9時半頃にパワーショベルが動き、なにやら作業をされておられるようでした。おかげで低周波騒音に悩まされかけましたが、一時間ほどで作業が終わったようで、元の静寂な夜が戻ってきました。すかっとした晴天の日が来て欲しいものです。

初めての雨中走行

昨日納車したばかりのマイカーを雨中に初めて走行させました。朝から本格的な雨でしたので若干不安でしたが、家族の者みんながドライブしたくてしょうがない状態。将棋教室(@大和郡山市)に長男(中学3年生)を送り、その後、スーパーにて買い物へ行きました。スーパーに行って今までの車にない便利な機能が実感できました。
1点目は、カラーのバックカメラ。これまでのマイカーにもバックカメラはついておりましたが、白黒でぼんやりとしており、あまり当てにはなりませんでした。今回のマイカーにはこれがカラーとなっており、かなりリアリティーの高い映像が運転席近くのモニターに表示されます。また、ハンドルの切れ角に応じて移動場所を予想するガイド線がスーパーインポーズされ、バックの車庫入れをアシストしてくれます。
2点目は、スマートエントリーシステム。ドアを触るだけで開錠、施錠できるので、買い物した後にカギを探し出し、物理的に鍵穴にカギを挿して開ける操作が不要なのは便利です。
3点目は、運転の開始および停止操作がワンボタンでできることです。物理的なカギを抜き挿しすることなく運転開始&停止ができますので、とても便利。今までの物理カギはなんだったんだろうと思います。
以上のようなとても便利なハイテク装備満載のマイカーですが、一方で、何かトラブルがあった際の復旧が大変そう。メンテナンスは今まで以上にきちんとやらねば、と思いつつ、具体的に何をメンテナンスできるのかわからぬまま、分厚いマニュアルと格闘する楽しさを味わっております。

さようならイプサム、こんにちはエスティマハイブリッド

先日の本ブログでも書きましたが、マイカーを乗り換えました。これまで平成8年式の14年モノを乗り回しておりましたが、足回りがかなり老朽化してきており、一方、中古で出物がありましたので、思い切ってチェンジいたしました。本日はその車の納車日であります。家族総出で納車先の中古車屋へ午前11時頃に出向き、入れ替えいたしました。昔の車を手放す寂しさ、新しい車を入手する嬉しさの両方を同時に感ずる一日でした。