「iアプリ」カテゴリーアーカイブ

Amazon Kindleアプリで読書スピード大幅向上!

AmazonにKindleというソフトがあります。いわゆる読書専用端末のKindleではなく、iPhoneやiPadにインストールできるアプリとしてのKindleです(”Kindleアプリ”と呼ぶ事にします)。Kindleでも読める本は徐々に増えており、特に最近に出版されたビジネス書(大前研一など)はKindle化されております。
Kindleで購入した書跡データは、基本的にはAmazonのクラウド側(サーバ側)にあり、これを端末(複数可能)にダウンロードして読むスタイルです。端末は複数可能であり、しかも「どこまで読んだか」という”しおり”データを複数端末間で共有できます。よって、どのような端末で読もうが、同じコンテンツを連続的に読み続けることができます。
当方の場合、会社にいる時には、休憩時間にiPhoneにインストールしたKindleアプリで読書。自宅にいる時には、リビングではiPadで。お風呂に入っている時でも防水ケースに入れたiPhoneで読書、であります。一気に読み進めることができました。先日Kindle Storeで購入した大前研一の本をわずか2日で読み終わりました。紙の本であればこうはいきません。いやはや便利な時代となりました。

デジカメのリモコン RC-6を購入!

Canonの一眼レフ用のリモコン(RC-6)を購入しました。約2,000円ほどしましたが、よくよく考えてみるとiPhoneの赤外線・学習リモコンソフト(L5)を持っておりました。このiPhoneアプリは他のユーザ間で各種リモコンデータを授受できます。もしかしたらRC-6のデータも登録されているのではと思い、データ授受の場所に行ってみた所、やはり有りました。複数のユーザがUPしていました。早速ダウンロードしてiPhoneで使ってみましたが、オリジナルのリモコン同様、普通に使えます。むしろボタンなどが大きくてオリジナルよりも使い易いかも。便利な時代になりました。

iPhoneのデフォルト着信音がマイルドな理由(推測)

iPhoneのデフォルト着信音がなぜあんなに上品な音(飛行機内でシートベルトサインが付く時の音)なのか不思議に思っておりました。が、ある日突然、気づきました。それはiPhoneで音楽を聴いている時です。当方は着信音をもっとメリハリの付いた音(チャイムの音)に変更していたのですが、音楽を聴いている時に突然、「チーンチーン」という音が聞こえてドキッとしました。そうなのです。わざと音楽を聴いている時にそれほど邪魔にならぬよう、上品なデフォルト着信音にしているのではないかと。Appleは、ユーザーエクスペリエンスを考え抜いているように思いました。

DoCoMoケータイ用iアプリ(初音ミク音声クロック)をバージョンアップしました

DoCoMo用の自作Java(iアプリ)である、音声時計のバージョンアップ版をアップしました。 報時の仕方を、よりトーキングクロックのような方式に改良しました。すなわち、旧バージョンでは、現在時刻が「9時23分」の場合、「きゅー、にー、さーん」と3段階の音声で時刻を表現しておりましたが、新バージョンでは、「くじ」「にじゅーさんぷん」と市販のトーキングクロック風に現在時刻をしゃべらせるようにしました。新バージョンでは、0分~59分までの音声データが新たに必要となるため、旧バージョンと比べると、音声データが激増しています。よって、Jarサイズがほぼ1MB近くにまで膨れ上がり、メガアプリ対応のDoCoMoケータイでなければダウンロードできません(パケット定額サービスに御加入でない方はご注意ください)。果たしてこのようなアプリを使っていただける方はおられるのでしょうか。改良のご要望がございましたら、Eメール(CXE05115@nifty.ne.jp ← 全部半角にしてください)までどうぞ。個別にお返事することはできないと思いますが、将来のバージョンアップ時の参考情報とさせていただきます。