「文化財」カテゴリーアーカイブ

初めての国立国会図書館 関西館

今日初めて国立国会図書館・関西館に行ってきました。これまで建物の近くを通り過ぎたことはありましたが、中に入ったのは初めてです。次男に誘われ、彼が運転するマイカーにて行きました。

まず駐車場は、無料。よく考えてみると、付近は、けいはんなブラザやけいはんな記念公園が有るような広大な土地を有する場所。無料でも不思議ではありません。朝の10時半頃に行ったためか、駐車場はガラガラ。好きな場所に停められました。

入り口からはとても近代的な建築物が見えます。そうです。これが国会図書館です。全面ガラス張りの豪華なビル。中を入ると複数の警備員がこちらに注目しており、若干緊張します。少しおどおどしながら入っていくと、「こちらは初めてですか?」と警備員から声を掛けられました。「そうです」と答えると、「入るためには入館証を作成していただかなくてはなりません。あちらの受付にてお作りください。」と愛想の良いおじさん風な警備員が親切に教えてくださいました。

受付に行くとこちらにも警備員のおじさん、および、受付の若い女性がおられます。そこで3年間有効な入館証を作成しました。

内部は写真撮影が禁止のため、カメラや大きいカバン等はロッカーに入れて入館せよと言われました。またスマホはなぜか持ち込み可能ですが、マナーモードに設定せよとのご指示でした。「スマホにはカメラ機能があるのに…」と思いつつ、荷物をロッカーへ入れ、いざ入館です。

内部もとても豪華。書架に至る通路にこれまた豪華で大きな椅子(MITメディアラボの伊藤穰一さんが座っているような椅子)が複数置いてあり、休憩できるようです。

また書架に到着すると、書籍検索の相談に乗ってくれそうなスタッフが複数おられます。普通の本を読んでも、わざわざ国会図書館に来る値打ちがあまりないので、「今日のテーマは自分の誕生日の新聞記事を読むことにしよう」と次男と示し合わせ、スタッフのお姉さんに検索方法を相談しました。すると、それまで暇で仕方がなかったので、待ってましたとばかりに親切に検索方法を教えてくださいます。教わった通り、目的地に縮写版があるとのことでしたので、そちらのエリアへ移動します。

そこには日本経済新聞の縮写版が陳列されていました。自分の誕生日の年月のものを探し出し、しばらく「back to the past」の世界に浸っておりました。新聞記事そのものよりも、そこに併せて掲載されている広告が面白いものが数多くあります。例えば、自動車の広告は、トヨタがカローラ、コロナ、パブリカ。日産はダットサンの名前で出ています。またいすゞや日野自動車、あと、今はおそらくない自動車メーカ(名前失念)の乗用車の広告も掲載されています。また、電気製品関連では、エアコンではなく「クーラー」の宣伝や、当時珍しかった「トランジスタ・ラジオ(ソリッドステート SONY)」というのも。テレビはもちろんブラウン管タイプで19万円台。一方、自動車は40万円台とそれぞれ値段まで書いてあります。よく考えてみると、自動車の約半額がテレビの値段だったわけで、テレビを買うことも自動車を買うことも、かなり気合がいることであったろうと想像します。今は、テレビは32インチくらいならば3万円台で購入でき、一方、車は軽自動車ならば50万円くらいとするならば、テレビは激安レベルになっていることがわかります。

ついでなので、自分の誕生日以外の新聞記事も見ようと、朝日新聞の縮写版コーナーにも行きました。1945年の8月のものを見たところ、終戦の日である8月15日までは、戦意高揚の記事ばかり。8月6日の広島の原爆や9日の長崎についても非常に被害を矮小化した記事ばかりでした。いかに新聞記事というのが世論操作に使われていたのかが良くわかりました。

それにしても近場にこれほどまでに豪華な施設があるとは知りませんでした。また行ってみたいと思います。

秋篠寺に散歩

二日連続で妻と近所を散歩しました。今日の目的地は秋篠寺です。歩いて30分程度で到着。最寄りの国宝であったにもかかわらず、今回が生まれて初めて参拝いたしました。伎芸天を祀られていることで有名です。芸達者な子のために、お守りを買って帰りました。

Akishinodera Temple

親戚巡りの旅

今日は朝から親戚巡りの旅に行ってきました。まずは昨年(2012年)12月に生まれた当方のまたいとこの長男のお祝いであります。約9ヶ月で、つかまり立ちをしており、可愛い盛りであります。だっこしたらとてもぷにゅぷにゅで柔らかく、そして軽いです。こんな所から人生はスタートするのだなぁと月日の経つこと、人生の不思議さを感じました。
次に行ったのが神社であります。こちらには代々の先祖の名前が掘られた石碑が立っており、お墓よりもむしろこちらの方にお参りする方が、先祖と出会えた気がいたします。

法隆寺サイクリング

連休最終日は次男(高校1年生)とのサイクリングで締めくくりました。目的地は法隆寺。最短コースでは約14km程度の道のりです。が、最短コースは自動車道を多用するため、あまり安全とは言えません。そこで、少し遠回りですが、極力田舎道を通るルートを探しました。

当方の家は奈良の学園前駅が近くですので、まずは学園前駅を南北に縦断している幹線道路を南下。富雄川あたりまで走りました。
次に、そこからは矢田丘陵を目指します。

IMG_0652

130506 矢田丘陵
矢田丘陵サイクリング

矢田丘陵内は道幅がとても狭く、自動車での通行は困難な道が随所にあります。おかげでサイクリングするにはもってこいの場所。もっとも石ころがゴロゴロした悪路なので、ロードバイクよりもオフロード系が最適であります。

法隆寺には自宅から約1時間で到着。日差しがきつく、ノドがカラカラ。
2台のオフロード自転車で法隆寺へ

中宮寺の弥勒菩薩、法隆寺の五重塔と金堂を眺めつつ、帰路に付きました。
法隆寺・五重塔
法隆寺・回廊
法隆寺
法隆寺のツツジ

なかなか良い運動になりました。すこし自転車の調子がよろしくないので、自分専用のオフロード自転車が欲しくなってきました。

国宝建造物の1割鑑賞ツアー案=法隆寺+東大寺

2012年12月現在の都道府県別の国宝・重要文化財一覧表がこちらのサイトに掲載されておりました。
国宝については、総数で見ると圧倒的に東京都が一位。約4分の1(1085件中の276件)が集まっています。もっとも274件は美術工芸品となっており、これは美術館などで一括管理しているためであろうと推察されます。
一方、国宝の建造物ランキングでは奈良県が一位です。これまた約4分の1(265件中の71件)が奈良県に存在します。こちらのサイト(県別国宝建造物分類表)や、こちらのサイト(文化遺産探索コミュニティー(宝の地図))にも分かり易く分類されておられますように、法隆寺だけで18件も国宝建造物が有ります。
というわけで、国宝建造物を一気に見たければ、まずは法隆寺に行けば良い、ということになります。また奈良県の第二位は東大寺で9件。法隆寺+東大寺で27件となり、これらを回れば一気に日本の国宝建造物の約1/10を見る事ができます。頑張れば一日で両者を回る事は可能。外国からのお客さんなどをもてなすには良いかもしれません。