「Android」カテゴリーアーカイブ

超小型Androidスマホ Jelly Pro

とても小さなAndroidスマホを入手しました。その名はJelly Pro。手元の電子量りで計測してみたところ、重量は73gしかありませんでした。小さなiPhone SEと比較してもさらに小さいです。

(左が Jelly Pro 、右が iPhone SE)


OSは Android 7.0が載っているので、アプリは普通にインストールできます。
試しにApple Musicアプリをインストールしてみましたが、Apple IDを入力するとこれまでiOSデバイスで利用していたプレイリストはそのまま使え、普通に音楽も聞くことができます。もちろん本体が小さいのでスピーカーからの音は期待できませんが、イヤホンジャックが付いているため、有線のヘッドフォンで聴くとそれなりに良い音で音楽が聴けます。

また、Androidと言えば、iOSより痒い所に手が届く各種アプリが有ります。昔、当方
愛用していたTaskerという自動化ツールをインストールしてみたところ、これも上手く動作いたしました。

もちろんCPUパワーやらメモリ搭載量の関係上、動作はiPhone SEと比較すると緩慢です。が、それを上回るポータビリティがあり、iPhone SEとJelly Proを同時にズボンのポケットに入れていても全く重いと感じません。しばらくカスタマイズして遊べそうです。

携帯電話の維持費を劇的に削減

これまで長年利用させてもらっていたソフトバンクのスマホを解約し、DTIに乗り換えました。これにより月額維持費が約5,500円→約600円となり、月に約5,000円も削減です。具体的には次のような変更をいたしました。

<変更前>
・機種:iPhone 5S
・通信キャリア: Softbank
・月額: 約5,500円

<変更後>
・機種: Nexus5
・通信キャリア: DTI
・月額: 610円

変更の理由は次の通りです。
・電話はほとんど利用しない。
・WiFi環境が充実した場所での生活がほとんど。

というわけでこれから格安スマホライフを始めてみます。


面白いAndroid端末

Android端末は面白いです。iOSデバイスに比べるとシステムの深いところをいじることができ、言わば「痒い所に手が届く」マシンであります。Taskerなど操作自動化アプリを用いれば、ユーザが明示的な操作をしなくても、何かをさせる、ということも可能。
例えば、以下のようなことが可能となります。

  • ある場所にユーザが入れば、何かをさせる。(例:自宅に帰れば電灯を点ける)
  • ある時刻がくれば、何かをさせる。(例:朝に目覚まし用にネットラジオを鳴らす)
  • システムがある状態になれば、何かをさせる(例:ヘッドフォンジャックにヘッドフォンがさされば、ネットラジオを鳴らす)

いやはやAndroidは面白いです。

Androidアプリ: 置き時計

久しぶりの自作Androidアプリです。職場ではパソコンのディスプレイ付近に腕時計を置き、そこで時刻を確認することがあるのですが、字が小さくて見づらいです(老眼?)。一方、スマホも置いているのですが、いまいちそこに表示される時刻表示も小さめ。そこで、Androidアプリで大きな字で時刻を表示するシンプルなアプリを作成しました。

Android application: TamaClock

SHARP SH-06Eの画面に最適化していますので、他のマシンではレイアウトがずれるかもしれませんが御容赦を。ご入用の方は本記事の末尾のリンクをAndroid端末で。

それにしてもAndroidは手軽にアプリを作って公開でき、日曜大工プログラマーとしましては楽しい世界です。
Download: TamaClock.apk (Androidアプリ・置き時計)

充実の有給休暇

今日は長女の小学校がお休みでしたので、ついでに有給休暇の消化デーといたしました。
午前中は自宅にあった大ゴミを近所の清掃センターへマイカーで長女と共に運搬し、廃棄。自宅の中がスッキリしました。
午後はヒマだったので、久しぶりにAndroidアプリ制作を楽しみました(明日のブログで成果発表予定)。
夜には妻の帰宅が遅くなるとの連絡が有った為、急遽、夕飯を作ってみました。メニューは、”キャベツ、タマネギと鶏肉のケチャップ和え”であります。夕食をこちらのレシピを参考に作ってみました。意外と美味しく出来上がり、最初にしては我ながらgood jobでありました。
以上、大変プライベートが充実した一日でありました。

βテスト参加でDropbox容量を+5GB増にする方法

当方が愛用しているファイル共有サービスの一つにDropboxがあります。無料版では最大2GBまでがPC,Mac,iOSデバイスなどの間でシェアできます。PDFファイルや音楽ファイル、映像ファイルなどを複数の端末間でシンクロできてとても便利なサービスなのですが、いかんせん2GBくらいはあっという間に到達してしまいます。月額いくらか支払えば、50GB、100GBなど利用できるようになるのですが、そこまでしてファイル共有をしようということはありません。
などというスタンスでしたが、今朝のTwitterでDropboxのβ版が公開中であることを知りました。このβ版をダウンロードし、写真ファイルのアップロードテストをすると、最大5GBまで利用可能上限が拡大されるとのことです。早速、実施してみました。その結果、OK。元の2GBに5GBが加わり、合計7GBまで利用可能となりました。いやはや便利になりました。誠に有り難いことであります。

NHKラジオ放送がPCで聴取可能に!

NHKラジオをPCで聴けるサービスが始まっていることに気づきませんでした。試してみたところ、実に奇麗な音声です。当方はアナログのNHKラジオを毎朝聴いておりますが、これからはパソコンの奇麗な音声で聴こうかと思いました。
これからAndroidやiOSアプリ版も登場するとのこと。ますます便利になりそうです。

パワフルなMacが欲しい…

最近、iPhoneやAndroidアプリ開発を趣味でやっておりますが、いずれもMacBookを使っています。メモリは4GBあるので、Webブラウズやらメールやらするには充分なスペックですが、一方、iPhoneやAndroidエミュレータを使ったり、プログラムをビルドする環境としては少し性能不足的に思うようになってきました。パワーのあるMac(MacBook ProやMac Pro)が欲しくなる今日この頃であります。

カスタマイズしやすいAndroid

iPhoneは様々なアプリが有り、容易に
思いつくアプリは必ずといって言いほど、既にAppStoreにリリースされています。
一方、Androidでも同様に豊富なアプリ群がありますが、かなり高い確率で無料アプリに出くわします。さらに素晴らしいことに、自分でアプリを作ってホームページなんかにUPするだけで、いきなりアプリの配信が出来てしまうという参入障壁の低さ。しかも開発環境はタダ。ケータイにカスタマイズ機能を簡単に追加する点においては、AndroidはかなりiPhoneよりも優位であります。