「自転車」カテゴリーアーカイブ

法隆寺サイクリング

連休最終日は次男(高校1年生)とのサイクリングで締めくくりました。目的地は法隆寺。最短コースでは約14km程度の道のりです。が、最短コースは自動車道を多用するため、あまり安全とは言えません。そこで、少し遠回りですが、極力田舎道を通るルートを探しました。

当方の家は奈良の学園前駅が近くですので、まずは学園前駅を南北に縦断している幹線道路を南下。富雄川あたりまで走りました。
次に、そこからは矢田丘陵を目指します。

IMG_0652

130506 矢田丘陵
矢田丘陵サイクリング

矢田丘陵内は道幅がとても狭く、自動車での通行は困難な道が随所にあります。おかげでサイクリングするにはもってこいの場所。もっとも石ころがゴロゴロした悪路なので、ロードバイクよりもオフロード系が最適であります。

法隆寺には自宅から約1時間で到着。日差しがきつく、ノドがカラカラ。
2台のオフロード自転車で法隆寺へ

中宮寺の弥勒菩薩、法隆寺の五重塔と金堂を眺めつつ、帰路に付きました。
法隆寺・五重塔
法隆寺・回廊
法隆寺
法隆寺のツツジ

なかなか良い運動になりました。すこし自転車の調子がよろしくないので、自分専用のオフロード自転車が欲しくなってきました。

妻+次男とサイクリング(ままちゃりで林道走行編)

なぜかサイクリングする運びとなりました。目的地は次男の学校。今回は次男は次男の自転車(新しいマウンテンバイク)、妻は次男が以前使っていた中古のマウンテンバイク、そして当方は長女(小学生)のママチャリ、で参戦いたしました。
20130427-230001.jpg

行きは途中で腹が減ったので吉野家で牛丼を食べました。が、そこで目的地を急遽変更。この店自体を目的地と定め、後は帰路に向かう事になりました。
普通に同じ道を帰る手もありましたが、あまり車通りを走るのも楽しくありませんので、少し脇道をそれて奈良市内の旧村(歌姫町、御陵町あたり)をうろつきました。その結果、新たな楽しい道を発見。なんとその道は未舗装路であります。自動車はもちろん走行してはなりません(自動車通行禁止の標識がありました)。一方、二輪はOKの模様。かなりワイルドな林道ぽい道で実に気に入りました。今度はバイクでも走行してみようと思っております。

ママチャリで林道サイクリング。

久しぶりの自転車ツーリング

次男(高校1年生)とサイクリングに久しぶりに行きました。彼は入学祝いで購入した新品のオフロード自転車で、一方、親父(当方)は彼のこれまで使っていた古い自転車で、彼が通学する高校までの約8kmをサイクリングしてみました。
行きは順調でした。「電車よりも早く到着できそう」と感動している様子の次男。目的地の高校にもほどなく到着いたしました。
が、ハプニング発生。なんと次男の新品の自転車の前輪に”画鋲”がささっているではありませんか。頻繁にバイクでパンクに出くわしている当方は、そのまま自転車屋さんまで走って行くように言いました。なぜなら以前にバイクに釘が刺さってパンクした際、釘を抜いてからバイク屋さんに修理依頼したのですが、その時に「釘は刺さったままの方が良い」とバイク屋さんからアドバイスされていたからです。釘を抜いてしまうと、パンク修理する際に釘の刺さった方向が分からず、修理時に打ち込むゴムの方向が定まりにくいからでした。
最寄りの自転車屋まで画鋲付きの自転車で走り出した次男ですが、数百メートルも走らぬうちに、「空気が抜けた」との報告。タイヤはぺしゃんこになっておりました。自転車屋さん曰く「すぐに画鋲を抜いて欲しかった」と。理由は、画鋲が走るうちに内部のチューブを何度も別のところを突き刺しているようで、複数箇所の穴ができてしまっていたからです。修理不能と判断し、新品のチューブと交換してもらいました。
後でよく考えてみると、当方のバイクの場合はチューブレスタイヤです。一方、自転車はチューブ。この辺りの差が必要とする対応の差につながるようです。勉強になりました。

自転車が欲しい

いよいよ行楽に良い季節となりました。とはいえ、なかなか家族全員が揃う機会も減り、一方では近場くらいならばいくらでも散策する時間ができました。となると欲しくなるのが自転車です。近い所にいくらでも風光明媚なところにある奈良。そろそろ物色しようと思います。

長男の自転車修理代、約1万6千円

毎日長男は通学に自転車を使っております。先日、自転車の後輪の軸が破損するトラブルとなり、後輪およびギア、ついでにブレーキパッドを交換。さらについでなのでリアライトも購入しました(キャッツの赤いLEDが様々なパターンで光るやつ)。総額は約1万6千円なり。安い自転車なら買える価格であります。まあ毎日使っているものでもあり、約1年持っているので、そう考えるとそれほど高くありません。むしろ怪我なく無事に通学できるほうが安心です。必要経費というやつであります。

長男の自転車パンク修理失敗

長男(高校2年生)は毎日学校まで自転車通学しています。今晩、当方が帰宅すると元気なさげな長男。聞いてみると自転車がパンクしたとのこと。そこで父としてはひとついいところを見せようと「ではお父さんが直して上げよう」などと大見得を切り、パンク修理にとりかかりました。
以前、自転車通勤していた頃、パンク修理など楽勝だったので、今回もうまくいくだろうと思っていました。パンクは後輪。自転車はマウンテンバイクタイプですが、クイックリリースがついているので、いとも簡単に後輪が本体から外れました。タイヤとチューブをホイールから外し、パンク箇所を探すと、なんと空気が入る金属の付け根部分に小さな傷がありました。手持ちのパンク修理キットでパッチ当てしましたが、微妙に隙間が塞がらず、失敗。その段階で午後6時半頃だったので、自転車は空いている時刻と判断し、新品のチューブを買いに行きました。
購入後、我が家に戻り、再度、購入してきたチューブをタイヤおよびホイールに取り付け、空気も満タンにし、ほぼ完成。後は本体に装着しておしまい、という段階まできました。
ところが、です。いざ本体に後輪一式をつけようとしたところ、なにやら後輪をとめる軸に違和感が。強引に軸と後輪を装着しようとしたところ、なにやら小さな部品が落下する音が。暗い場所で装着しようとしていたので、何が落ちたのかよくわかりません。「ま、いいか」と思いつつ、さらに装着作業を継続すると、さらに小さな部品が複数落下する音がします。見るとそれは「ベアリング」でありました。明るい所でみたところ、軸に接する部分にあるベアリング付きの部品がどうやら破損している模様。これでは手のうちようがありません。ここでゲームオーバー、ギブアップであります。週末にでも自転車屋に修理依頼に行こうと思います。

受験下見ツアー

来週の週末、当方の長男(中学3年生)の高校入試があります。第一志望校であります。同校は当方の自宅から自転車で15分くらいの場所にあり、試験当日も自転車で行く予定。そこで、当日に受験開始時刻に間に合うよう自転車で行くため、リハーサルしました。長男は自分の自転車(マウンテンバイク)ですが、当方はmy自転車がありません。そこで次男(中学1年生)の自転車を拝借し、二人で行ってきました。
その結果、想定通り約15分で現地へ到着。特に問題なく無事行けることがわかりました。
当日もいい天気であることを祈ります。

自転車ペダル外れの修理日記

長男(新・中学3年生)に先日、新しい自転車を買いました。早速長男は行きつけの将棋教室までその自転車で行きました。帰宅時、左カーブを曲がる際、ペダルを擦ってしまったそうです。で、ペダルがなぜか脱落。自力で修理を試みたそうですが、どうしても取り付けられず、ペダルを外れたまま家まで戻りました。
そこで当方の出番です。自転車修理にかけては若干自信がありますので、工具箱からスパナを取り出し、早速取り付け作業開始です。が、不思議なことにいくらスパナを回してもひっつく手応えがありません。潤滑油をつけたり、ネジの掃除をしたりと手をつくしましたがNG。10分くらい格闘しているのを長男がじっくりと観察して曰く、「お父さん、ネジ逆回しと違う?」。そういや普通のネジの場合は右回しで締めるのですが、よくよく考えてみるとペダルを漕ぐのと逆方向(=右まわし)でネジが止められる方が安全です。目からウロコ、です。試しに逆に回してみると、実にあっさりと取り付け完了しました。いやはや、息子の観察力に感服した次第です。

運動不足感…

骨盤骨折の事故(昨年10月末)以来、バイク通勤ばかりしています。となると問題は「運動不足」。それまで自転車という体力維持マシンが運動不足解消に役立っていたのですが、最近は全く運動をしていないに等しい状況です。そろそろ自転車生活復帰に向けて準備(機種選定)を開始しようと思う今日この頃であります。