「ガジェット」カテゴリーアーカイブ

ポメラDM30 利用開始

ついにやってきた。ポメラDM30。

噂通り、動作がもたついている。キー入力してもワンクッション入力のテンポがずれる。しかも残像が残る。まあ電子インクペーパーデバイスの性格上、やむを得ない。逆に、うっすらと残る残像が鉛筆や万年筆のような文房具感を醸し出しており、生き物のようにポメラが見えて愛着が湧く。

重量もやや重い。これだとDM200とそう体感的には変わらないかもしれぬ。eneloopを装着して量ったところ、511gであった。DM200が580gなので、それほど差は無い。

キーバインドについては、従来の機種同様、CapsLockキーをCtrlキーに設定できる。これはうれしい。しかもCtrl+Cでコピー、Ctrl+Vでペーストなど基本的なキー操作はパソコンなどと同じだ。

膝の上に載せて文字入力してみる。確かに折り畳み式なので、左右の折り口にそって少し折れ曲がりがある。が、それほど極端には曲がらないので、電車で座りながら文字入力をできなくもなさそう。ソファのようにほぼ寝そべり、足を組んで座れば全く問題ない。

最後は寝ころんで文字入力してみる。これができるかどうかで私にとっては重要なユースケース。早速、やってみた。仰向けに寝ころんで左手の親指で本体を支えれば、タッチタイプで文章入力ができた。この文章はまさにそのようにして入力している。合格である。一通り、自分の入力シーンでは問題無さそうであることが分かった。早速、実運用に入ることにしよう。

偉大なるボンテン

今日、自宅の洋式トイレの排水がうまく行かなくなりました。家人の話によると、トイレ用の柄付きたわしで掃除中、たわし部分がトイレに入ってしまったようです。確かに水が流れません。素手でトイレの排水口を弄ってみましたが、それらしき障害物は感じられず。そういえば、昔、長いワイヤーで障害物を除去するものがあったはずと物置を捜索しましたが見つかりません。もうこうなったらクラシアンを呼ぶしかないか、と考えていましたが、そういえばボンテンというのも有ったはず、と思い出しました。ボンテンとは、風呂やトイレで排水が詰まった時にシュポシュポして詰まりを除去するツールです(正式には、ラバーカップというそうです)。大昔、風呂で詰まらせたことがあり、小さなボンテンを使って解決したことがありました。ご近所の家でも同様の事態が発生し、そのとき我が家のボンテンをお貸ししたことが有ります。お返しにと新品の大きなボンテンを逆に頂き、そのまま何年も物置に放置しておりました。

そこで、そのボンテンを探した所、見つかりました。包装をほどき、早速、現場に投入です。2,3回、シュポシュポしたところ、何ということでしょう。あっという間に排水はウソのように元通りスムーズに流れるようになりました。いやはや、ボンテンは偉大であります。

スマホでブログ書き

私ごとです。一昔前までは、ブログを書くにはPCが当たり前でした。しかしながら最近では、むしろPCを使う機会は会社で仕事をする時以外、あまり使わなくなりつつあります。プライベートで良く使うのは、やはりスマホ。屋外、屋内問わず、普段持ち歩ける気軽さから第1位はスマホです。

第2位は、タブレットです。具体的にはiPad です。映画を見るにはこれが一番。

とはいえ、スマホやタブレットで問題となるのは、文字入力のユースケースです。音声認識が最近ではとても優秀なので、周囲に誰もいないなど恥ずかしくない環境であれば使います。例えば、自宅の中であれば、平気で使えます。が、屋外ではそういうわけにいきません。外国人で時々、屋外でも平気でスマホに向かって喋る人がいますが、私にはその勇気がありません。

となるとやはりキーボードデバイスが私には必要です。最近、スマホと愛称の良い Bluetooth. 外付けキーボードを購入しました。折りたたみ式です。平面があるところでは、安定して入力できます。この文章も実はそのキーボードを使って入力しています。新型ポメラも良さげなのですが、いかんせん重量が500g近く有り、携帯性にやや問題があります。この外付けキーボードは150g程度だったと思うので、普段、カバンの中などに入れていても支障ありません。いざという時、役立ちそうです。

HHKB BT+iPad = 最強の文章入力マシン

HHKBを購入しました。Bluetoothのタイプです。普段の仕事やプライベートでの文字入力用です。仕事ではWindows PCを使っており、そちらは有線タイプのHHKBを使っております。一方、プライベートではiPadの出番が最も多く、特に閲覧系のアプリ(Safari、Chrome、日経新聞、日経ビジネス、YouTubeなど)がメインの用途となります。が、時々、FacebookやTwitterなどで書き込みをしたくなる場合があり、そんな時、これまでは標準のソフトキーボードやカバー付きキーボードなどを使っておりました。が、やはりいまいちキータッチが良くなく、何か良いキーボードがないかと探していたところ、つい最近、HHKBのBluetoothバージョンが新発売したとのことで、思わず購入してしまいました。

HHKB BT + iPad

これが思いのほか、大当たり。iPadと組み合わせて使うととても快適です。この文章もHHKBとiPadのペアで書いておりますが、どんなに長い文章でもドシドシ入力できてしまう雰囲気です。また、HHKBもiPadも交流電源が不要ですので、外出先でも使えてしまいます。久々に良い買い物をした感じです。

Apple Watch体験記:当方にとっては”猫に小判”

買ってしまいました。Apple Watchを。スポーツタイプの最も安価なタイプです。 当方はPebbleを常用しており、とても便利で何一つ不自由しておりませんでしたが、IT系ビジネスマンとしては、やはりトレンドを身をもって体験、学んでおかねば、という大義名分で。
結論から言えば、当方にとってのメリット、デメリットは以下の通りでありました。

メリット:

  1. 大型iPhone(iPhone 6/plus)を持っている人には便利かも。
  2. ヘルスケア系用途には向いているっぽい。特にスポーツ(マラソン、ジョギングなど)をしている人はさらに便利かも。

デメリット:

  1.  デフォルトで、画面消灯状態。時刻を表示させるためには、Apple Watchに刺激を与えなければならない。(腕を傾けるなど加速度を与える、または、画面をタッチする等の必要あり)
  2. Androidな人には”猫に小判”

まず前提としてですが、現行のApple Watchは、完全なiPhoneのコバンザメ・マシーンです。iPhoneを持っていない人は、Apple Watch単体で持っていても、何一つ面白くもないことでしょう。Apple Watchは、iPhoneとシンクロさせてナンボ、の機械であります。

では、まずはメリットから。1番目のメリットは、大型iPhoneを持っている場合、通知(Notification)の窓口として有用と思われます。胸ポケットに強引にiPhone 6plusをねじ込んだりもできなくはないですが、ちと辛い。そのような場合、Apple Watchがあれば、iPhoneへの通知を腕で知ることができます。

2番目のメリットは、ヘルスケアに向いてそうな点です。心拍数を測るアプリがプリインストールされてますし、マラソン系アプリと連動させれば、より楽しめるように思います。また、デスクワーク中心なホワイトカラーな人で運動量が低い人に運動を促すアプリもプリインストールされております。立ち上がらずにデスクワークばかりしていると、そのうち、「たまには立ち上がりましょう」みたいなメッセージが腕時計を通じて通知されます。気分転換のきっかけになるかもしれません。

次に、デメリットを。1番目のデメリットとしては、”普段、時刻が表示されず、真っ暗な画面であること”です。当方の場合、腕時計はデスクワークをする際、腕から外して机の上に配置します(特に夏場は腕時計を装着していると、腕が蒸れてきて気持ち悪くなるため、外すシチュエーションが多発しております)。Pebble、もしくは、普通の腕時計であれば、腕から外していても時刻を常時表示しているので、チラッと視線を動かせば時刻を知ることができます。Apple Watchで時刻を知るためには、「腕につけた状態で、腕を傾ける動作をする」、もしくは、「腕時計の画面をタッチする」などのApple Watchに対する人間側からのアクションが必要となります。これが結構面倒です。

2番目のデメリットは、Apple WatchはiPhoneとしかペアできないこと、です。当方はiPadを愛用しておりますが、こちらとペアを組むことは現状できません。また、当方はスマホはAndroidを常用しており、こちらともペアできません。というわけで、Apple Watchを楽しむためには、iPhoneを用意しなければなりませんが、現在手持ちには、白ROM端末化したiPhone 5sしか所有しておらず、WiFi環境下でのみApple Watchとペア利用する、という限定された環境下でしか真価を発揮できません。

というわけで、当方にとってはApple Watchは”猫に小判”であります。もっとも、今後はApple Watch単体のアプリが動作できる方向に進化していくと期待してます。またその時点でレビューしてみたいと思います。

カイロ通勤

といってもアフリカのカイロではありません。ハクキンカイロを携帯しての通勤、という意味であります。当方はバイクで通勤しておりますが、カイロが一つ腹付近にあるだけで、かなり体感温度が変わります。しばらくは欠かせぬグッズであります。

ハクキンカイロ・デビュー

知る人ぞ知るロングセラー商品「ハクキンカイロ」を購入しました。当方はバイク通勤しており、この季節、特に朝が寒く感じます。そこで早速、今朝から利用開始してみました。
その結果、バッチリであります。ベンジンを規定量の1/4を入れました。規定量を入れれば24H持ちますが、朝さえ持てばよい考えたため、少量としました。そして100円ライターにてプラチナを熱し、プラチナの触媒反応を午後5時半頃スタート。出発の7時くらいには暖かさが充分となりました。ワイシャツの胸ポケットに入れてバイク走行。風が当たり続ける箇所なのにホカホカ。上半身はバイクに乗っていてもなんともなくなりました。
今後の課題は足先であります。こちらを温める方法を模索せねば。

我が家の初物・直管型LED

台所の蛍光灯が切れました。棒状タイプの蛍光灯(いわゆる”直管型”)です。これまで電球型のLEDは普及しつつあり、値段もこなれてきましたが、直管型は未だ高め。20型で約5,000円しましたが、様々なメリット(蛍光灯と違って虫が寄り付かない、消費電力が蛍光灯の半分以下、頻繁にOn/Offしてもへっちゃら)というのに魅力を感じ、清水の舞台から飛び降りる気持ちで交換いたしました。
実際に使ってみるととても明るいです。12Wの消費電力で40W分の明るさが得られるのでとてもお得感あり。新年に向けて明るい台所となりました。