目をあまり使わずに読書する方法•β版

完全な方法ではないのですが、ある程度、目を使わずに読書する方法をご紹介します。用意する物のは、2点。iPhone(iPadでも可)、および、Kindleアプリです。屋外であれば、ヘッドフォンも用意するのが良いでしょう。

結論を先に言ってしまえば、iPhoneの読み上げ機能を使います。そこで、まずはiPhoneの設定を次のように行います。

一般→アクセシビリティ→スピーチ→画面の読み上げ、をONにする。

たったこれだけです。これで、iPhoneの画面で、画面上部から二本指で下へスワイプすると、画面に表示されている文字列を音声で読み上げてくれるようになります。

設置終了後、Kindleアプリを立ち上げます。読みたい本を表示し、画面上部から二本指で下へスワイプしてみてください。しばらくすると、音声読み上げが始まります。ページめくりも勝手にやってくれるので、目を使わずに読書することができます。

もっとも完璧な方法ではありません。Kindleの本に図があるエリアでは、そこで読み上げが止まってしまいます。その場合は、Kindleで次のページに手動で移動し、再度、二本指スワイプで音声読み上げを再開せざるを得ません。

まあ、それでもある程度、ほぼ目を使わずに耳から読書できるため、目を休めたい場合には便利な方法かと思います。

Amazon中古本購入に失敗した話

4月末、直木賞受賞作「蜜蜂と遠雷」をAmazonで見かけたので購入しようとしました。丁度、中古で激安価格600円で売っていたため、即座に購入手続き実行。新品の書籍(紙)で1944円もするので、安い買い物をしたと嬉しがっていたのですが、待てど暮らせど書籍が届かず。連休に読もうと思っていたのに連休が明けても商品は到着しません。5月13日到着予定としながらも、その期日が過ぎてもやってきません。気の長い私ですが、ついに業を煮やして商品出品者にAmazonのサイト経由で問い合わせてみると、なんと出品者へ連絡が付かない状態に。Amazonではそのような場面への救済策として「マーケットプレイス保証を申請」という道があり、初めてそのサービスを利用しました。Amazonの反応は早く、こちらの支払った金額+配送料合計の857円がAmazonのギフト券となって戻ってきました。

よく考えてみると、Amazonの電子書籍Kindle媒体の方で購入すると1,555円。ですが、ポイントが467pntも付くため、実質1,088円で購入できるのでありました。中古本が857円なので、その差はわずか231円。であれば、最初から電子書籍で購入しておけば良かったと言うことでありました。不愉快な思いもせず、かつ、即座に入手できるので…。

と言うわけで、今は電子書籍版を購入し、読み始めております。

深圳の夕食

深圳で滞在先の通訳の人、その友人、および、私の3人で深圳のレストランに行きました(というか連れて行ってもらいました)。レストランといっても、日本で言えばイオンのようなスーパーマーケット内にあるやつです。スーパーの中は、ほぼ日本と同じ雰囲気。人々の多くはスマホを眺めたり操作しながら歩いています。唯一、大きな違いは客層が若い事。おじいさんやおばあさんといった年齢層の人々は日本よりも少ない感じでした。深圳といえば中国では都会ですので、地方から出稼ぎに来ている人が集結している街。よって、若い人々が多いのかもしれません。

さて、レストランは「星炭」というところ。「鍋」という文字があったので高まる期待。なんでも深圳にしては異常な程の低い気温だったからです。聞いたところによれば、9℃。日本の方が暖かいのではなかろうかと思う気温です。(といいつつ日本の奈良では2〜3℃らしいのでそれより暖かいですが…)


が、注文したのは鍋でなく炒め物でした。
赤い唐辛子が随所に含まれており、注意して食べなければなりません。また、こちらの肉類は必ずと言っていいほど、骨付き。ガラ捨て用の大きな皿が付いて来ます。

食べると案の定、激辛。私は普段、タイカレーを週に一度は食べているため、辛さには免疫力がありますが、おそらく普通の日本人では難しいのではなかろうかと思います。

なぜか飲み物には、トロピカルフルーツジュース。スイカやらキウイフルーツが入っています。しかもなぜか冷たくなく、常温のジュースでした。それにしても真冬の2月であってもスイカが食べられるとは思いませんでした。

ちなみに滞在先の会社とレストランとの往復はタクシー。片道で約300円程度と安いです。タクシーの呼び出し、決済もスマホのアプリ。アプリ上では呼び出したタクシーがリアルタイムに画面に表示され、あと何分で到着するのかも予想時間が出て来ます。これは、日本よりもこちらが進んでいると感じました。

カルチャーショック@中国・深圳

中国の深圳での生活が3日目となりました。何となく日常生活は馴染んで来ましたので、カルチャーショックを受けている新鮮なうちに印象をまとめてみました。今回は、意外に思った事、カルチャーショックを受けた事について、5点を挙げてみます。

(1)電動スクーター、電気自動車が走り回っていて、空気も綺麗

出張先が会社内の敷地にあるのが原因なのかもしれませんが、エンジン付きのバイクが走っていません。そう言えば、自動車もハイブリッドではなく、電気自動車ばかり。さすがに大型のトラックはガソリンかディーゼル車のようですが、徹底されています。よって、敷地内では鳥の囀る声が最も大きく、実に快適な環境となっています。出張当初はPM2.5で満ち溢れた北京のスモッグをイメージしていましたので、想定外の嬉しさです。

(2)物価が安い(特に食事)

日常生活品の価格が日本と比べると安いです。特に食べ物は比べ物にならないくらいの安さです(もちろん食べる場所にもよります)。

例えば、出張先には、複数のレストラン、食堂があります。外国人向けの食堂(VIP用)は、さすがに高いですが、それでも満腹になるまで4、5品食べても1000円程度。熱々の鍋、麻婆豆腐、肉料理、などなどを食べてこの値段ですから安いです。日本で同じようなものを食べるとおそらく3000円は下らないとおもいます。

一方、現地の人向けレストラン(というか大衆食堂)では、さらに安いです。慣れて来たので、こちらを2日目から愛用しつつあります。例えば、2皿の料理(肉類、野菜類)とご飯の3品では、12元。


日本円にすると198円。なんと200円をきる価格です。おそらく日本では400円〜500円はしそう。約半額といったところでしょうか。ただし、食堂の衛生状態はあまり期待しないほうが良いです。火が通った物を中心に選ぶようにしています。

(3)水は買って飲む物

これは来る前から分かっていたことです。というか、日本が恵まれているのかもしれません。水道管から直接飲めるという環境は世界的にも稀なのかも。というわけで、ミネラルウォーターやウーロン茶を滞在先の寮の冷蔵庫に常備するようにしています。

(4)インターネットはbaiduベース

ここ中国に来て、いかにこれまで日本においてGoogleのサービスに頼りまくっていたかを思い知らされました。中国で使えないサービスは次の通りです。
・Google系サービス一式(検索、地図、メール、翻訳、…)
・LINE
・Facebook
・Twitter
・Instagram
などなど。

一方、中国のGoogle的存在であるbaiduがサービス利用可能です。早速、スマートフォンにbaidu関連のアプリ(地図、天気予報など)をインストールし、かつようしています。

また、WeChatなるテキストメッセージサービスを多くの中国人が使っています。私もインストールしたのですが、IDの新規登録時にfacebookログインは使えず、またSMSも使えないSIMカードなので、結局、使えていません。次回、中国に来る際の課題であります。

(5)日中は気温が高いが夜は涼しい

当たり前の事ですが、日中の気温は日本(奈良)に比べてとんでもなく温暖です。出国時、奈良では最高気温が10度台だと暖かい、という感じでしたが、こちらに到着した日は最高気温が25度近く。コートを羽織る冬装束で飛行機から深圳空港に降り立つと、額から汗。考えてみると沖縄よりも南に位置する場所なのでありました。

一方、予想外に夜は涼しい、もしくは、寒いです。到着した夜、シャワーを浴びたらとても寒くなり、布団に潜り込みました。が、布団は1枚しか用意されておらず、仕方がないので、日本から持ち込んだ洋服類を来て凌ぎました。

以上、思いつくままにこれまで感じたカルチャーショック事例を書いてみました。

中国初上陸

突然、中国への出張となりました。出張日の約1週間前に決まり、そこからは受け入れ先との調整やら、社内稟議を回すやらでドタバタの日々。しかも中国と言えば中国語。当方は片言の挨拶くらいしか出来ません(と威張る話ではないのですが…)。一方、先方の中国人たちも、もちろん母国語である中国語しか理解出来ません。たまに英語が分かる人がいたらラッキーといったところでしょうか。超ラッキーにも日本語が分かる人が受け入れ先に一人いて、その人がお世話してくれることになりました。なんと有難いことでしょうか。

そもそも海外旅行自体が久しぶりです。2011年にハワイに行ったのが最後。6年ぶりであります。

飛行機から見る景色は素晴らしいの一言。人間に生まれた喜びを噛み締めておりました。

蘇った過去の腕時計

これまで使わずに放置していた腕時計があります。ソーラ式電波時計タイプのものです。世の中に未だ電波式腕時計が登場したての頃、シチズンが初めてソーラー式、かつ、電波時計を両立させた腕時計を発売しました。先のURLによると、1999年 日本で発売のモデルのようです。17年前に購入したものとなります。しばらく使わなくなっていたのですが、太陽のあたる窓際に放置していたところ、なんとなく動いています。時刻表示が10分ほど遅めにずれていましたが、秒針はきっちりと動作している模様。ダメ元でCITIZENの取扱説明書のページを閲覧し、針位置を修正してみたところ、見事に正しい時刻を表示し始めました。台所専用時計として再利用していくつもりです。いやぁ、恐るべし日本製品。

(null)

HHKB BT+iPad = 最強の文章入力マシン

HHKBを購入しました。Bluetoothのタイプです。普段の仕事やプライベートでの文字入力用です。仕事ではWindows PCを使っており、そちらは有線タイプのHHKBを使っております。一方、プライベートではiPadの出番が最も多く、特に閲覧系のアプリ(Safari、Chrome、日経新聞、日経ビジネス、YouTubeなど)がメインの用途となります。が、時々、FacebookやTwitterなどで書き込みをしたくなる場合があり、そんな時、これまでは標準のソフトキーボードやカバー付きキーボードなどを使っておりました。が、やはりいまいちキータッチが良くなく、何か良いキーボードがないかと探していたところ、つい最近、HHKBのBluetoothバージョンが新発売したとのことで、思わず購入してしまいました。

HHKB BT + iPad

これが思いのほか、大当たり。iPadと組み合わせて使うととても快適です。この文章もHHKBとiPadのペアで書いておりますが、どんなに長い文章でもドシドシ入力できてしまう雰囲気です。また、HHKBもiPadも交流電源が不要ですので、外出先でも使えてしまいます。久々に良い買い物をした感じです。

Updates everyday, maybe…